和歌浦のおすすめ駐車場まとめ!無料の駐車場もチェック!

目安時間:約 5分
スポンサーリンク

和歌山県和歌浦で有名な観光地

国指定名勝「和歌の浦」

観光スポットは多数ありますが
駐車場の数が少なく、

この場所に行きたいけど車をどこに
とめたらいいの!?

という場面が多々あるのが難点。

そんなわけで基本的に行って調べる

「あるく子」が

名勝和歌の浦の主な観光スポットと
おすすめ駐車場をご紹介致します!

和歌の浦の駐車場

名勝「和歌の浦」と呼ばれていますが
大きく分けて地図をみると、

「東側が和歌浦」
「西側が新和歌浦」

というふうに分けて見ることができます。

今回はこの2ヵ所に分けて東側から
おすすめの駐車場をまとめます!

駐車場予約

その前に!

最近は空車があるかどうか現地へ行かないと
わからない!という時代は終わり、

駐車場を簡単に予約できる時代になりました。

しかもその辺のコインパーキングより
安い駐車場もあったりするので、

試したことが無い方は必見ですよ!

片男波公園駐車場

和歌浦の東側のはしっこにある
海水浴場前の駐車場です。

近場の観光スポットは「万葉館」で
少し歩くと、

「和歌の浦アートキューブ」
「不老橋(ふろうばし)」

「妹背山(いもせやま)」
「観海閣(かんかいかく)」

「玉津島神社(たまつしまじんじゃ)」
「鹽竈神社(しおがまじんじゃ)」
「鏡山(かがみやま)」

「奠供山(てんぐやま)」

へ行くことができます。

営業時間 7:00~22:00
駐車可能台数 約190台
通常料金
普通車 400円
大型車 1530円
7月~8月末
普通車 1000円
大型車 3100円

7月と8月は海水浴場がオープンするため
駐車料金が高くなる以外は、

一日中の料金が一律のため
のんびり観光するにはおすすめの
駐車場になります。

玉津島神社の駐車場

「玉津島神社」と「鹽竈神社」の
参拝にあたり、

無料で利用できる駐車場です。

玉津島神社の境内には「奠供山」と
鏡山」に登る山道があるので、

合わせて観光できますよ!

営業時間 9:00~17:00
駐車可能台数 20台ほど
駐車料金 無料

和歌浦天満宮の駐車場

玉津島神社のほうから少し西側にある
和歌浦天満宮の無料駐車場です。

スポンサーリンク

高津子山に繋がる山道もありますが
この駐車場に駐車したまま、

山道にいってはいけません!

と書かれた看板が立っているので
しっかりルールを守りましょう!

◇営業日 年中無休
◇営業時間 9時~17時
◇駐車スペース 約10台
駐車料金 無料

ベイサイド和歌浦の駐車場

和歌浦漁港にある駐車場です。

「紀州東照宮」

「和歌浦天満宮」

「蓬莱岩(ほうらいいわ)」

「高津子山(かたづしやま)」

を観光する際はおすすめの駐車場です。

◇駐車スペース 約250台
通常料金 1日400円
7月・8月 1日600円

和歌浦天満宮や紀州東照宮まで
10分ほどの距離ですが、

1日400円で観光スポットを周れるので
おすすめの駐車場です。

ちなみに「高津子山展望台」まで
ハイキングにいくなら、

片道30分ほどの所要時間です。

7月と8月は片男波海水浴場のオープンで
駐車料金が少し上がります。

和歌浦のおすすめ駐車場まとめ

migisita

名勝和歌の浦にはタイムズのような
コインパーキングが無いため、

ちょこっとだけ駐車スペースがある
神社の駐車場か、

広々とした、海辺にある有料駐車場の
どちらかに駐車することになります。

特定の場所を観光するなら
神社の無料駐車場を利用し、

のんびり1日中、色々な場所を
観光するのであれば、

海辺の有料駐車場がおすすめですね!

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
お出かけ前に駐車場予約!
駐車場予約
人気記事
カテゴリー
アルクス
アルクス

はじめまして!
「おでかけ、あるく子」こと
アルクスと申します!

土日は毎週何してますか?
当サイトでは日帰りや1泊2日で行く
「国内旅行」先や、
実際に行ってみた旅行先のプランを
ご紹介しています!

快適な旅行で限られた時間を
楽しくすごしましょう!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

ページの先頭へ