比叡山の横川は何が見れる?おすすめの観光方法とは? | お出かけスポット情報「あるく子」

お出かけスポットで知った「見る・遊ぶ・食べる」についての情報をお伝えします!アルクス(あるく子)の旅!

比叡山の横川は何が見れる?おすすめの観光方法とは?

2018/07/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

「東塔・西塔・横川」の
3ヵ所に広がる

延暦寺(えんりゃくじ)」

前回は不思議な空気が漂う

「延暦寺西塔」についてお伝えしました。

そして今回は延暦寺

最後にして一番山奥にある、

「延暦寺横川(よかわ)」の

観光にいってきます!

横川の観光方法

横川にも山のふもとから

「ケーブル」や「ロープウェー」で

直接行くことはできません。

西塔から歩いていくのは難しく、
東塔から西塔へ行くような道もありません。

「東塔・西塔・横川」

を巡回している、

「シャトルバス」を

利用するか、車であれば

「奥比叡ドライブウェー」を通り

15分程度で東塔の駐車場から
西塔の駐車場へ移動できます。

延暦寺横川

延暦寺西塔は2代目の住職が、

延暦寺横川では3代目の
住職によって開かれたと
されています。

本堂は遣唐使船を
モデルにして作られていたり、

「おみくじ発祥地」があったり

映画のロケ地なんかで
出てきそうな場所ですね!

龍が池

migisita

「龍が池」では

「元三大師と大蛇の物語」

が伝えられています。

<龍が池弁天と龍神さま>
————–
昔はこの池に大蛇が住み着き
毒気をはいて修行僧や村人に
害を与えていたそうです。

元三大師はそれを知り
大蛇に向かって、

“汝は身を自在に変化させる
不思議な力をもっていると
聞いたが本当か?”

とたずねます。

大蛇は

“本当だ俺に出来ないことはない”

と答えます。

そこで大師は、

“なら大きい姿になれるか?”

と問うと、

大蛇はお安いご用とばかりに
数十倍の大きさに変身します。

それを見た大師は再び

“ならば小さくなり
私の手の平に乗れるか?”

と問うと承知とばかりに
小さくなって手の平に
のりました。

すかさず大師は観音さまの
念力により小さくなった
大蛇を閉じ込めてしまいます。

その後「龍が池」に
弁天さまを迎えて祀り、

小さくなった大蛇を
弁天さまに仕えさせます。

大蛇は大師にさとされて
今までの悪行を悔い改め

“今後は弁天さまの
お使いとして「龍神」となり
自分の神通力を使い、

横川の地を訪れる人々の
安全と心願成就の助けをする”

と大師に誓いました。
————–

というお話です。

別名で「雨乞いの弁天さま」
としても知られていて、
龍神さまと一緒に
この地を守護していると
言われています。

こうして池の中央では

「龍が池弁財天女」

が祀られているわけですね!

横川中堂

migisita

横川の中心となる中堂です。

舞台造りになっていて、
全体的に観てみると

船が浮かんでいるように
見えるのが特徴です。

信長の焼き討ちや
雷火などで度重なる
火災にあっていますが、

堂内で祀られている

「聖観世音菩薩立像」は

焼失することはなく、

平安期藤原時代の
木像として重要文化財に
指定されています。

現在のすがたは
昭和46年に再建されたもので
比較的新しい建物になります。

根本如法塔

スポンサーリンク

慈覚大師が根本杉の洞の中で

「如法写経(にょほうしゃきょう)」

を行ったことから、

「根本如法塔(こんぽんにょほうとう)」

と呼ばれています。

如法写経は
法華経 (ほけきょう)
(初期大乗仏教経典の一つ)

を書写して、後世に長く
伝えるために行われ
この場所に安置されたと
いうわけです。

ものすごく丁寧に
心を込めてバックアップを
取ったという話ですね!

四季講堂

migisita

春夏秋冬この場所で、
経典の講義が行われていた
ことから、

「四季講堂(しきこうどう)」

と呼ばれています。

またこの場所では

元三大師(がんざんだいし)
である、良源(りょうげん)が
祀られているため、

「元三大師堂」とも

呼ばれています。

良源は「おみくじの創始者」
としても有名な方で、

この場所が「おみくじ」発祥の地
とされています。

比叡山行院

migisita

全国から修行者が集まり、
厳しい行に励む場所です。

参拝者は立ち入り禁止
となっていますが、

近くを通りかかった際、
お経を読む声が聞こえました。

冬場以外はここで
修行しているそうですよ!

恵心堂

鐘楼があるT字路から
右の道へ進んだ先にあります。

日本での浄土信仰が
発祥した地と言わる
場所になります。

恵心僧都源信
(えしんそうずげんしん)
という僧が、

この場所で「阿弥陀如来」を祀り、

後の浄土宗や浄土真宗などの
元となる日本浄土教の基礎を
築いたそうです。

まとめ

migisita

比叡山の南から北まで
観光してきましたが、

なかなか一日で全部周るのは
難しいぐらいの広さでした。

特に「延暦寺」は

「東塔・西塔・横川」の

3ヵ所もあったので、
見るところが多いです。

御朱印も大人気で
3ヵ所にある御朱印場所を
周っている方もいました。

延暦寺は11カ所も
御朱印場所があるので
全部周るのも大変ですね!

今回は紅葉の時期に
観光しましたが、

次は桜の咲く季節に
また行ってみようかと
思っています。

延暦寺以外でも
夜景の綺麗な場所や、

花が綺麗なガーデンテラスなど
比叡山は見どころが多い場所です。

皆様も温かい季節になったら
是非いってみてくださいね!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お出かけスポット情報「あるく子」 , 2017 All Rights Reserved.