お出かけスポットで知った「見る・遊ぶ・食べる」についての情報をお伝えします!アルクス(あるく子)の旅!

延暦寺西塔へ行くと何が見れる?おすすめの観光方法とは?

2018/01/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -

延暦寺

スポンサーリンク

「東塔・西塔・横川」の
3ヵ所に広がる

延暦寺(えんりゃくじ)」

前回は「お堂」が一番多い
「延暦寺東塔」について
お伝えしました。

今回は3ヵ所の中で

不思議な空気が漂う

「延暦寺西塔」を

観光してきます!

延暦寺西塔

migisita

延暦寺の東塔は、
延暦寺発祥の地ですが、

西塔は2代目の住職によって
開かれたとなっています。

一般者に向けて行われる
研修道場があり、

日帰り~2泊3日までのコースで
体験から本格的に研修を
行うこともできます。

東塔とは雰囲気が異なり、
観光スポットというより

研修や修行がメインの
場所というイメージです。

カフェなども無く、
西塔の駐車場に
飲み物の自販機と、

「本堂」ないで
お守りなどが売られて
いるぐらいでした。

休憩やランチなどは
できませんので
注意してくださいね!

西塔への行き方

西塔には山のふもとから
「ケーブル」や「ロープウェー」で
直接来ることができないため、

東塔から20分ほどかけて
山道を歩いてくるか、

「東塔・西塔・横川」

を巡回している、

「シャトルバス」を

利用する必要があります。

車であれば、

「比叡山ドライブウェー」を通り、

5分程度で東塔の駐車場から
西塔の駐車場へ移動できます。

箕淵弁財天

migisita

西塔の駐車場から、
山道に入っていくと
受付の手前に

「箕淵弁財天(みのぶちべんざいてん)」

と書かれた社が建っています。

比叡山の「三大弁財天」の一つ
となっていますが、

延暦寺のマップにも記載がなく
詳細は紹介されていません。

「弁財天(べんざいてん)」は

七福神でおなじみですが、
「才」と「財」をつかさどると
言われていて、芸術や商売の
神様とされています。

椿堂

スポンサーリンク

聖徳太子が入山した際に、
杖にしていた椿の枝を
この場所へ刺して帰ったところ

あたり一面に椿が育ったという
お話から「椿堂(つばきどう)」
と名付けられたそうです。

こちらのお堂では
「千手観音」が祀られています。

にない堂

migisita

「常行堂」と「法華堂」
同じ形のお堂2つが、
渡り廊下でつながっている
建物になります。

一般的にはすごく力の強い
「弁慶」が

渡り廊下を肩にかけ
お堂をかついだ・・

という伝説から、

「弁慶のにない堂」

として知られています。

力の問題ではないような
気がしますが・・(゜-゜;)

さすが弁慶ですね!

釈迦堂

migisita

西塔の「本堂」になります。

「転法輪堂(てんぼうりんどう)」

が正式な名称となりますが、

一般的にはこちらのお堂で
祀られている「釈迦如来」に
ちなんだ「釈迦堂」の名で
知られています。

また延暦寺の中では
最古の建築物として、
国の重要文化財にも
指定されている建物です。

「お釈迦様」は仏教を開祖した方
ということで知られていますが、

実際に実在した人物で、
悟りを得た後の呼び名が

「釈迦如来」です。

普段は見れませんが、
期間限定で釈迦堂の内部を
見ることができます。

仏様の聖域として通常一般の方は
入ることができませんが、

「内陣特別拝観」を行っている時は
実際に「釈迦如来像」を
見ることができるため、

機会があれば見てみると
良いですよ!(゜o゜)

瑠璃堂

migisita

「釈迦堂」がある場所からは
行けなくなっていて、

奥比叡ドライブウェイの
脇道に入口があります。

「信長」の焼き討ちを逃れた
現存する唯一の建物として
知られており、
こちらの「お堂」では

「薬師瑠璃光如来」

が祀られています。

入口がドライブウェイの
途中にあるため、
車で観光にこないと
行きにくい場所です。

瑠璃堂へつながる道の
近くに、車2台が止めれるかな?

という駐車場がありますので、
見に行く場合はそこに駐車して
歩いていけますよ!

居士林(こじりん)

migisita

比叡山で唯一の一般向けに
開放された修行道場です。

日帰りの修行体験から、
1泊~2泊の本格的な修行を
行うこともできます。

予約が必要なため、
興味のある方は公式サイトで
予約ができますよ!

研修道場「居士林(こじりん)」

浄土院

東塔から歩いてくる
山道の途中にあるため、

西塔の駐車場から行くと
少し歩いて戻る必要があります。

浄土院では「12年籠山行」という
比叡山の中でも選ばれた僧だけが
行える過酷な修行があり、
12年間比叡山に籠るそうです。

冬場は雪が積もることもある
比叡山での修行はすごそうです・・

まとめ

migisita

西塔は一本道が多く、
行って戻るという
観光の仕方になります。

雰囲気も静かでちょっと
不思議な空気が漂っている
感じでした。

観光地!というような
雰囲気があまりない分、

東塔よりも人が大分少なく
観光しやすい場所なので、
是非一度いってみてください!

ちなみにこの場所にある
「鐘楼(しょうろう)」は
無料でたたけました(゜o゜)

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お出かけスポット情報「あるく子」 , 2017 All Rights Reserved.