旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

あがりゃんせで必要な持ち物は?無料施設や設備は何がある?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

滋賀県大津市のスパリゾート

「あがりゃんせ」

今回はあがりゃんせにいく際に
必要な持ち物と無料施設や設備を、

ご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

あがりゃんせで必要な持ち物

あがりゃんせでは基本的に一通りの
設備が整っているため、

持ち物は温泉に入った後に着る
着替えぐらいで大丈夫です!

着替えないなら手ぶらでも大丈夫です。

しいて言うなら、温泉にあったのが
リンスinシャンプーだったので、

リンスとシャンプーを持ってきたら
良かったかなと思ったぐらいですよ!

とはいえ、必要な物は人それぞれなので
無料で提供されている設備を踏まえて、

何が必要か参考にしてみてくださいね!

あがりゃんせのお風呂無料設備

■受付時フロント
 ●館内着
 ●バスタオル
 ●ハンドタオル

■お風呂場
 ●リンスinシャンプー
 ●ボディーソープ
 ●シェービングムース
 ●歯ブラシ
 ●髭剃り

■ドライヤースペース
 ●ドライヤー
 ●麺棒
 ●ヘアブラシ
 ●化粧水

■脱衣所
 ●ウォーターサーバー
 ●体重計
 ●濡れタオル用ビニール

男女のお風呂場で置かれているものは
若干ことなるようですが、

基本的にはこちらの設備が
無料で利用できるものになります。

ちなみに館内着は「浴衣」か
「あがりゃんせパジャマ」のどちらかを

フロントで選ぶことになりますよ!

あがりゃんせの館内無料設備

次は館内に設置されている無料設備です。

■図書コーナー
■テレビ付きリクライナー
■マッサージ機コーナー
■ドクターフィッシュコーナー

以上が無料の館内設備ですね!

こちらの利用料金はあがりゃんせの
入館料金に含まれているわけです。

それでは設備の詳細を見て行きます!

図書コーナー

zyunbityu

図書コーナーは何箇所か点在していて
1箇所は本館2階のテレビ付きリクライナーが
設置されている場所の近くにあります。

もう1箇所は2階に上がってずっと奥に
進んだ先の新館に本棚が点々としています。

どちらもテレビ付きリクライナーが
近場にある場所なので、

寝転びながら漫画を読む人が多いですよ!

漫画の種類は幅広く旧作から人気作まで
ある程度そろっているのかな?

という印象でした。

本館に一番大きい本棚がありますが
新館にしかない漫画もあったので、

読みたいものが見つからなければ
歩きまわってみるのも良いですよ!

テレビ付きリクライナー

zyunbityu

本館と新館の2階に設置されている
テレビ付きリクライナーですね!

新館のほうが広いので設置台数も
多くなっています。

リクライナーの近くにはタオルケットの
配布場所が設置されているので、

セルフでタオルケットを取って
リクラーナーでごろごろします。

そしてこのリクラーナーには
全席に店員を呼ぶボタンがついていて、

ボタンひとつで飲み物や軽食などの
注文ができる天国システムです。

「あ~ソフトクリーム食べたい」
ピンポン!
zyunbityu
スッ!!

こんな感じで人を駄目にしそうですが
やっぱり使ってしまいます。

マッサージチェア

zyunbityu

こちらも本館と新館に設置されていますが
新館のほうが新しい機器でした。

「おまかせ」「無重力」
「リラックス」「ストレッチ」と、

4種類のコースから選ぶタイプでしたが、

どのコースにしてもノーマルだと
フットマッサージがやたら痛かったです。

マッサージの強さは弱が一番良いと
思ったマッサージ機でした!

機器名は「あんま王」と言うようです。

ドクターフィッシュ

zyunbityu

入口の受付が近くにある足湯です。

もちろんドクターフィッシュがいるので
そんなに温度は高くないですよ!

無料で利用することができますが
そこそこ成長したドクターフィッシュで、

そんなに元気は良く無かったです。

やっぱり若くて小さい時のほうが
元気が良いみたいですね!

スポンサーリンク

あがりゃんせで必要な持ち物まとめ

無料で使える備品や設備は一通りあるので
手ぶらでも困ることはないですが、

個人的にこれは必要!という持ち物があれば
持参してくるのが良いかと思いますよ!

それぐらい基本的なものはそろっているので
気にせずのんびりすごすのがおすすめです。

あがりゃんせWEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です