実際に行った旅行で「見て・遊んで・食べた」観光情報をお届け!

和歌山で海鮮丼を食べるなら?黒潮市場のマグロがおすすめ!

2018/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

黒潮市場

スポンサーリンク

和歌山マリーナシティーの
海鮮市場となっている、

黒潮市場

海鮮ランチのレストランや
市場でおろしたてのマグロを
使った海鮮丼など、

新鮮で美味しい海産物が
より取り見取りな市場です。

前回は、さばきたての

「大トロマグロ寿司」や
「中トロマグロ寿司」を

食べてきましたが、

前回申告した通り
今回は気になっていた

「浜丼食堂」の

「海鮮丼」を食べてきたので
ご紹介していきます!

浜丼食堂

migisita

黒潮市場で海鮮丼を専門に
販売している食堂です。

注文してから職人の方が
マグロを切ってくれるので、

新鮮なマグロを食べることが
できるわけですね!

もちろんマグロだけでなく
はまちやサーモンも、

その場でさばいて海鮮丼に
してくれますよ!(゜o゜)

海鮮丼メニュー

migisita

メニューは一通り記載しますが、
料金は毎年こまめに変わっている
時価料金のようなので、

行く年によっても変わる可能性が
あるようです。(゜-゜;)

大体このくらいの料金と
いうことでお願いします!

ねぎとろ丼 1080円
さけとろ丼 1080円
ねぎとろ三味丼 1250円
マグロ丼 1350円
ブリ丼 1400円
キングサーモン丼 1500円
ブリ&ねぎとろ丼 1600円
ブリさけとろ丼 1600円
マグロ&さけとろ丼 1620円
マグロ&ねぎとろ丼 1620円
海鮮三色丼 1650円
キングサーモンさけとろ丼 1700円
キングサーモン&ねぎとろ丼 1700円
親子丼(さけといくら) 1780円
他人丼(ねぎとろいくら) 1780円
ブリいくら丼 1800円
いくら丼 1800円
漁師丼 1850円
サーモン三味丼 1850円
まぐろいくら丼 1880円
キングサーモンいくら丼 1880円
マグロ三味丼 2000円
サーモンの市場丼 2680円
まぐろの市場丼 2680円
うに丼 3050円
北海丼 3350円

その時々で期間限定丼も
販売しているので、

気に入ったネタであれば
食べてみても良いですね!

営業時間

スポンサーリンク

営業時間は時期によって
異なりますが、

基本的には10時~18時
となっています。

冬季は11時~17時だったり
年2回不定期の休館日が
あったりするので、

黒潮市場だけを目的として
行く場合は、必ず公式の
営業カレンダーを見てくださいね!

黒潮市場営業カレンダー

マグロの海鮮丼

それでは今回の海鮮丼ですが、
最初にでてきた画像の

「マグロ三味丼(2000円)」

を食べることに致しました!

三味となっていますが、

「大トロ」
「中トロ」
「赤身」
「ネギトロ」

4種類の海鮮丼になります。

一度に全部のマグロが
楽しめるのはすごく良いですね!

マグロの味は過去に食べた
串本の近代マグロと同じ味でした!

唯一違っていたのは、
串本で食べた近代マグロの
海鮮丼は酢飯で、

黒潮市場の海鮮丼は
白飯でした。

本来は白飯の上にネタを
乗せるのは「海鮮丼」で、

酢飯の上にネタを乗せるのは
「ちらし寿司」というのが
正しいようですが、

酢飯でも白飯でも

「海鮮丼」という名称で

販売されているところが
ほとんどですね!

なので「酢飯派」の方は
今回の「海鮮丼」より、

前回の黒潮市場で食べた
マグロ寿司のほうが
おすすめです!

ちなみに私は「酢飯派」なので
「海鮮丼」の順位としては、

串本で食べた海鮮丼のほうが
ちょっと上でした(゜-゜;)

屋内自由席

migisita

うっかり忘れるところでしたが、
冬場は「屋外自由席」だと
寒いので「屋内自由席」で

食べるのがおすすめです!

それなりに暖房もきいていて
ゆっくり食べることが
できる場所でした。

まとめ

migisita

そんなわけで、今のところ
和歌山で食べた「海鮮丼」は

今のところ串本で食べた
「近代マグロの海鮮丼」が
一番おいしかったのですが、

黒潮市場で食べたマグロも
間違いなくおいしかったので、

2番手ということに致します。

白飯派の方は黒潮市場の
海鮮丼のほうがおすすめですよ!

またちょっと温かい時期になったら
串本の海鮮丼も再確認しに
いってきます!

スポンサーリンク

※関連記事※
和歌山観光
和歌山観光に出かけよう!
マリーナシティー・和歌山城プラン

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です