実際に行った旅行で「見て・遊んで・食べた」観光情報をお届け!

南紀白浜のランチはとれとれ市場の海鮮丼できまり!

2018/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

南紀白浜のとれとれ市場

スポンサーリンク

田辺湾の南に位置する
「とれとれ市場南紀白浜」
夏場は海で遊ぶ際に、

冬場は白浜周辺に広がる温泉宿とセットで、
旬な海産物を食べるのにも最適ですね!

今回はそんな「とれとれ市場南紀白浜」で
どんな海鮮丼
食べれるのかをご紹介いたします!

とれとれ市場横丁

南紀白浜の海産物が食べれるコーナーは
1ヵ所にまとまっています。

場所は正面入り口からみて
左奥の位置に集まっています。

そのなかで海鮮丼が食べられるコーナーは
一番左側の「丼・麺コーナー」になります。

丼・麺コーナー

migisita

とれたての魚たちを調理しているので
海産物は品切れになると終了です。

遅い時間に行くと、お目当ての海鮮丼が
食べれないこともあるので、

「この海鮮丼が食べたい!」という

希望がある場合は早めに行くことを
お勧めします!

営業時間

〇休業日 :(水・木)不定期で休業 公式参照
〇営業時間
 平日 :10:00〜17:30
 土日祝:10:00〜17:45

混雑状況により、延長する場合も有。

海鮮丼のメニューと値段

migisita

〇しらす丼 :500円
〇ネギトロ丼:700円
〇堅田丼  :700円
〇ルイベイクラ丼 :800円
〇サーモンイクラ丼:800円
〇かに丼:870円
〇鉄火丼:960円
〇うに丼:960円
〇天丼 :960円
〇いくら丼:1,030円
〇うなぎ丼:1,030円
〇海鮮丼 :1,500円

海辺で海鮮丼を販売しているところは
大体1,500円ぐらいの丼ぶりが多いですが

「とれとれ市場南紀白浜」は

わりとリーズナブルな値段です。

この他にも海鮮丼とは関係ないですが、

海鮮ラーメン・海鮮うどん・海鮮そば

といった海鮮が入った麺類や

「とれとれラーメン」という

とれとれ市場限定ラーメンなども販売しています。

周辺のおすすめコーナー

スポンサーリンク

「お造り・惣菜コーナー」

「丼・麺コーナー」の右隣に
さばいた魚をお皿に盛りつけて

バイキング形式で出している
「お造り・惣菜コーナー」があります。

その時々で変わるお造りが各種300円~
販売されているのと、

時価販売の「タイ姿造り」や「ひらめ」の
姿造りがあります。

中でもおすすめはマグロの「大トロ造り」が
1000円で販売されていることがあるので、

見かけたときは是非食べてみてください!

ごはん・みそしるは100円で
惣菜は100~となっています。

寿司コーナー

migisita

「お造り・惣菜コーナー」の右隣は
職人が握る新鮮な魚介類を使用した

「お寿司コーナー」になっています。

寿司のネタによって料金は違いますが
1皿2カンで300~800円となっています。

海鮮丼やお造りに比べると割高ですね!

海鮮ちらし「1,500円」や
特上盛り合わせ10カン「2,000円」
などもあるので、

単品で1皿ずつ食べるより、

海鮮ちらしや盛り合わせで
食べるほうがお勧めです!

「海鮮焼コーナー」

最後に「お寿司コーナー」の右隣りにある

「海鮮焼コーナー」です。

こちらは、人気の問題なのか
土日祝のみ営業のコーナーになっています。

いか・えび・ほたて・かに・さざえといった
定番の海鮮焼きを販売しています。

冬季限定で「おでん」も販売していますが
やっぱり、新鮮なネタがあつまる

「とれとれ市場」

なので、お勧めは生の海鮮ですね!

まとめ

migisita

新鮮な海産物があつまる
とれとれ市場南紀白浜は
休業日が不定期なので、

うっかり休みの日に行かないようにだけ
気を付けてくださいね!

海鮮丼にお造り、お寿司に海鮮焼きと
何でもそろっていますが、遅い時間に来ると
品薄で食べたかったものが食べれない!

ということもあるので、とれとれ市場を
観光の予定に加えるときは、早めの時間に
するのがお勧めですよ!

白浜の温泉街やアドベンチャーワールドなど
観光スポットが多い地域なだけに
とれとれ市場に集まる人も多いです。

メジャーなスポットなので間違いはないですが、
たまの休みに観光に来たのだから
もっとのんびりした場所で海鮮物を食べたい!

という方のために、次回は「静かな海鮮丼屋」や
「夜でも食べれる海鮮丼屋」なども
ご紹介させていただきます!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です