旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

和歌山市の桜の穴場は?山頂に咲き誇る絶景の桜とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

和歌山県和歌山市の新和歌浦の西側に
和歌山市の地元では知られている
穴場スポットがあります。

地元の方には別名で

「章魚頭姿山(たこずしやま)」と

呼ばれることもある山ですが、

この山の山頂付近にだけ咲き誇るという
桜の穴場スポットがあると聞いたので、

さっそく登ってみました!

スポンサーリンク

和歌山市の桜の穴場

和歌山市にある和歌山城より少し南の
紀三井寺などがある場所の西側に、

万葉集で知られる「和歌浦」という
場所があります。

紀州東照宮や和歌浦天満宮など
時代を感じる観光スポットも
多数ある場所ですが、

その観光スポットのさらに西側に
「高津子山」という小さな山があって、

その山頂付近にだけ桜が咲くようです。

確かに山に登ったその先に
桜景色が待っているとなると、

気になるところです。(゜-゜;)

山頂までつながる山道には
桜はほぼ無いようで、

山頂に到着するまでは本当に
桜があるのかどうかわからない・・

となると確かに穴場っぽいですね!

調べてみたところ山頂までの道は
いくつかあるようですが、

今回は山頂まで一番地価そうだった
紀州和歌の浦温泉「萬葉の湯」がある、

「萬波(まんぱ)」というホテル前の
坂道からスタートします!

高津子山の桜コース

一番近そうな道といっても
山頂までゆっくり歩くと、

20分くらいかかる山道です。

ですので、暑い日は飲み物を準備して
登るのがおすすめですよ!

山道にはいると自販機や売店は
一軒もありませんでした!(゜-゜;)

急な坂道を登るといった険しい道は無く
比較的楽に登れる道だったので、

登山というよりハイキングレベルの
山登りですよ!

ただし、舗装されていない道もあるので
歩きやすい靴で行くのがおすすめです。

スポンサーリンク

高津子山の入り口

migisita

今回のコースには山道の入り口あたりに
湧き水がでている場所がありました。

小さな鳥居がおかれて
祀られているようですね!

近くに「萬波稲荷神社」があるので
そちらの神社に関するお供えもののようです。

小さなお稲荷さんも置かれていました。

綺麗な水に感謝ヽ(´∇`)ノ

ということですかね!

それはそれとしてこの場所より先は
少し足場が悪くなっていくので、

雨が降った後などは気をつけて下さいね!

山田猪三郎の記念碑

migisita

山道に入ると一本道なので
ひたすら道沿いに歩いていくと、

左手に山田猪三郎の記念碑がたっています。

そこに立てられた看板を見ると

「この碑は日本で最初に飛行船を製作した
 山田猪三郎の記念碑です。」

と書かれていました・・・

飛行船を作った凄い人の記念碑が
なぜこんなところにあるの!(゚△゚;)

と思いながら今回は素通りして
どんどん先に進みます。

高津子山の分かれ道

山道はほぼ道沿いに進むだけですが
1ヶ所だけ分かれ道があります。

看板が立っているので間違うことは
ないかと思いますが、

道沿いに進み分かれ道を左に進むと
山頂で、右にいくと和歌浦天満宮や

紀州東照宮のほうまで行く道なので
間違えないように進みましょう!

和歌山の桜の穴場スポット

migisita

分かれ道から5分ほど登ると
開けた場所にでます。

ここから山の両サイドに桜の木が
植えられているので、

満開で天気が良い日はとくに
絶景の桜スポットというわけですね!

標高の高い山に桜が咲くスポットは
いくつかありますが、

周囲が360度開けた山頂で
和歌の浦の景色と一緒に桜を
見ることができるこの場所は

まさに絶景です!(゚△゚;)

和歌山の桜の穴場まとめ

migisita

高津子山の山頂は桜スポットでありながら
和歌の浦の絶景スポットでもあるという、

2つの穴場スポットだったわけですね!

正直なところ奠供山(てんぐやま)とか
目じゃないですよ(゜-゜;)

それぐらいの絶景スポットなので
お花見の時期はもちろんですが、

それ以外の時期でもおすすめです!

「あるく子印」をつけるなら

星5つのおすすめスポット
高津子山でした!( ̄∀ ̄ )

和歌浦WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です