お出かけスポットで知った「見る・遊ぶ・食べる」についての情報をお伝えします!アルクス(あるく子)の旅!

姫路とれとれ市場でランチ!海鮮丼のおすすめは?

2018/07/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさまご存じでしたでしょうか?
姫路市にも「とれとれ市場」
があることを(゜-゜;)

今まで紹介してきた

「とれとれ市場」は兵庫県「舞鶴」の
道の駅舞鶴港とれとれセンター

和歌山県「白浜」の
とれとれ市場南紀白浜

その他にも
「和歌山マリーナシティー」の
黒潮市場などもありましたが、

どこもそれなりの規模で、
市場で色々な海産物が売られています。

ですが、姫路にある
「とれとれ市場」は
すごく小さいのです!

しかしランチは・・・(゜□゜;)

というわけでさっそく

「姫路のとれとれ市場」を

見ていきましょう!

スポンサーリンク

JF坊勢姫路とれとれ市場

姫路にある坊勢漁業共同組合が
行っているのが「姫路とれとれ市場」です。

どれぐらい小さいかというと

migisita

これぐらいです。

水槽に海水を入れて
青色のコンテナがポンポンとおいてあり
その中にお魚が”入って”います。

大きな市場というよりも小さめの道の駅
といったところですね!(゜o゜)

ですが!

そんな規模に関係なくここの「海鮮丼」が
他の「とれとれ市場」よりも
ダントツで美味しかったのです(゜-゜;)

とれとれ食堂

migisita

メニューはそんなに多くないですが、
やっぱり初めては「海鮮丼」ですね!

海鮮丼の内容はその時々で
のっているものが違います。

この時の「海鮮丼」に
のっていたのはこちら!

migisita

ひらめ・しまあじ・あまえび
鯛のあぶり・スズキ・イクラ
サーモン・イカでした。

お味噌汁と漬物がセットで
1200円です。

姫路とれとれ市場の海鮮丼

migisita

こちらが、海鮮丼セット
1200円になります。

ちょっとしゃれた黒色の器に
海鮮物がたっぷりのっているので
ご飯がみえません。

ちなみにとれとれ食堂の
ご飯は酢飯でした!

この海鮮丼が”アルクス”の中で、
「白身魚が乗った海鮮丼」で
歴代No1の味でした。

スポンサーリンク

他のとれとれ市場で食べた
海鮮丼よりもダントツで
美味しかったです。

特に「ひらめ」の味が
しっかりして美味しかったので、

また姫路に行くときは
絶対に食べに行こうと思います!

姫路とれとれ市場のメニュー

migisita

〇シラス丼 600円
〇干ガレイ丼 700円
〇天丼 880円
〇穴子丼 980円
〇鮪丼 1100円
〇海鮮丼 1200円

調味料

migisita

用意されている調味料は
何だか多いような気がしましたが
刺身醤油・醤油・ソース
味ぽん・アジシオが卓上に
並んでいました。

あなたは何派でしょうか?

私は迷わず
刺身醤油で食べました(゜-゜;)

姫路とれとれ市場のおすすめ

migisita

坊勢姫路とれとれ市場では、
港からくる新鮮な海産物の中で、

「坊勢ガニ」という坊勢ブランドの
カニがあります。

ガザミという種類のカニですが
坊勢ガニはこのガザミの中でも、

甲幅18㎝以上の大型のカニのことを
「坊勢ガニ」と呼びます。

晩秋から冬にかけての雌ガニの
内子が絶品!

ということで、姫路とれとれ市場では
こちらの「坊勢ガニ」が
一押しとなっています。

内子が入っているかは
当たりはずれがありますが、

通販でも瀬戸内産の天然ガザミ
見ることができますよ!

まとめ

migisita

姫路城観光などで
姫路に来ることがあれば、
是非食べにいってみてください!

駐車場も無料駐車場があるので、
駐車料金は気にしなくも大丈夫です。

お昼ご飯に「海鮮丼」を食べて
お金に余裕があればお土産に
「坊勢ガニ」を買っていくのも
良いですね!

スポンサーリンク

※関連記事※
和歌山観光
兵庫観光に出かけよう!
明石・姫路プラン

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お出かけスポット情報「あるく子」 , 2017 All Rights Reserved.