旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

和歌山城の天守閣の入場料は?和歌山城公園の見どころとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

虎伏山(とらふすやま)の西峰には
連立式の天守が、

東峰には本丸御殿が建っていたと言われる

和歌山城(わかやまじょう)」

山上の御殿は手狭で不便なため
江戸時代の初期には天守閣ではなく

二の丸へ生活拠点を移動して
住んでいたようです。

今回はそんな和歌山城の天守閣について
ご紹介していきます!

スポンサーリンク

和歌山城の天守閣

migisita

和歌山城の天守閣は
三層の大天守から時計周りに

天守二之御門「楠門(くすのきもん)」
⇒二之御門櫓(にのごもんやぐら)
⇒多門(たもん)
⇒乾櫓(いぬいやぐら)
⇒多門(たもん)
⇒御台所(みだいどころ)
⇒小天守(しょうてんしゅ)

と続く「連立式天守」です。

この建て方は

「姫路城」「松山城」とならんで、

「日本三大連立式平山城」の一つに
数えられている珍しい建築物なのです。

ただ、天守閣の内装は「姫路城」のように
城内の作りが昔の姿のまま残っておらず、

「大阪城」のような歴史博物館として
一般公開されていますよ!

ちなみに大天守の三階は展望台なので、

和歌山城周辺の景色が360度見渡せる
和歌山の絶景スポットになっていますよ!

和歌山城の入場料金

現在の和歌山城は二度にわたり焼失した
「天守閣」も今では再建され、

昔とほぼ同じ姿の「白壁の白亜の天守」を
見ることができます。

入場料金は必要ですが大人が410円と
それなりにリーズナブルな料金なので、

和歌山城を観光するのであれば
一度は見ておきたい場所ですよ!

◇休業日 12/29~12/31
◇利用時間 9:00~17:00
※特別期間:7/20~8/31 9:00〜19:30
◆入場料
◆高校生以上 410円
◆小・中学生 200円
スポンサーリンク

和歌山城公園

和歌山城「天守閣」も今では
和歌山城公園の一部ですが、

その他にも

「二の丸広場」「西の丸広場」
「西之丸庭園」「砂の丸広場」
「南の丸跡」

などなど、

元々は和歌山城の一部だった場所が
今では色々な姿に変わっています。

生活拠点だった「二の丸広場」も
今ではからっぽの空地になってしまい
昔の面影が無い場所もありますが、

二の丸と西の丸を行き来していた
御橋廊下(おはしろうか)や、

和歌山城の日本庭園として知られる
西之丸庭園は、

今でも昔の姿で見ることができます!

実際にお殿様や奥女中が歩いた場所も
実際に歩くことができるので、

是非、歩いてみてくださいね!

また「和歌山城公園イベント」は
色々なイベントが行われていて、

「おもてなし忍者」がいたりと
なかなか活気のあるお城ですよ!

そんな「おもてなし忍者」を
流し眼で見ながら、

和歌山城公園の「大手門」から
見ていきたいと思います!

大手門

migisita

大手門(追手門)は城の内部に入る
正面の門のことですね!

昔は南側にある「岡口門」が
追手門になっていましたが、

1600年「関ケ原の戦い」の後に
大規模な修築を行いました。

その際に城の北東部にあるこの場所に
橋をかけて門をつけ「大手」としたのです。

こうして今では

「一の橋と大手門」と呼ばれ
和歌山城の入口となっているわけですね!

一の橋の樟樹

migisita

大手門から入るとすぐ右側が
石垣になっていて、

その石垣を見上げると幹周り7m、樹高25mの
大きな「クスノキ」が生えています。

このクスノキは天然記念物に認定され
県指定の文化財として

「一の橋の樟樹」
(いちのはしのくすのき)

と、呼ばれています。

和歌山大空襲の際に
天守閣は消失しているのですが、

このクスノキはなんとか生き残り
今でも立派な大樹を見ることができます。

なんだかパワースポット的な
イメージの場所ですね!

伏虎像

migisita

江戸時代の和歌山城は別名で、

「虎伏山竹垣城」
(とらふすやまたけがきじょう)

と呼ばれていました。

その理由が、海上から和歌山城の
建っている山を見ると、

猛虎が伏している姿に
似ていたためと言われています。

これにちなんでこの場所には
「伏虎像」があるわけですね!

現在でも「虎伏城」や「伏虎城」と
呼ばれることがあるそうですよ!

銀明水

migisita

この井戸は日常用水として
使われていたほか、

戦で籠城(ろうじょう)する際の
非常用水として利用していました。

今は使用されていませんが、
何かがひょっこり出てきそうな
井戸ですね!(゜_゜)

和歌山城の鐘

お城の鐘は毎日

7時・9時・12時
15時・17時・21時

の6回鳴ります。

その時に流れる曲が

「まりと殿さま」という曲です。

「西條八十(さいじょうやそ)」

という方が作詞し、

「中山晋平(なかやましんぺい)」

という方が作曲して
作られた童謡曲になります。

まりと殿様の歌碑

migisita

~てんてん手鞠は 殿様に
 だかれてはるばる 旅をして
 紀州はよい国 ひのひかり

 山のみかんに なったげな
 あかいみかんに なったげな~

童謡で流れている曲なので
聴いたことがある方も
いるかもしれませんね!

和歌山城の天守閣まとめ

migisita

戦争や災害で焼失したり
移築して建物が運ばれたりと

当時の建築物が見られないものもありますが
昔の面影が残っている場所を歩いたり
触れることができる場所もあるので、

天守閣も含めて和歌山城は楽しめる場所が
多い場所でしたよ!

博物館には鉄砲・刀・鎧、文書や小道具など
様々な文化財も展示されているので、

一度は見ておくのがおすすめです。

さて、次回は和歌山錠観光の続きですが

「和歌山城公園」の歴史ある建築物や
昔の面影が残っている

「西之丸庭園」について

お伝えしていこうと思います!

和歌山城公園観光WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です