旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

紅葉渓庭園の紅葉は和歌山の名所!歴史に残るその場所は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

城郭内にある江戸初期の「大名庭園」

「西之丸庭園(にしのまるていえん)」

別名で「紅葉渓庭園(もみじだにていえん)」
と呼ばれる場所は、

和歌山城の紅葉地として知られています。

景色の綺麗な紅葉渓庭園は、
その昔、お殿様の息抜きの場として
利用されていたようです。

また、この紅葉渓庭園の周辺では
歴史ある建築物が見られるため、

歴史スポットとして和歌山城の中でも、
おすすめ場所なので、

合わせてご紹介していきます!

スポンサーリンク

紅葉渓庭園

migisita

国の名勝となっている「紅葉渓庭園」は
秋になると見事な紅葉を見ることができる
人気のおすすめスポットです。

こういった日本の庭園は、本来だと

「枯山水(かれさんすい)」という

水を使わずに砂や石を使って

「山水」を表現する庭園が多いのですが、

紅葉渓庭園は

「池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)」

という、池の周りを歩いて巡り、
風景を楽しむ方式がとられています。

江戸時代に歩いて楽しむことを
前提に作られた庭園なので、

紅葉の季節は特に風情のある風景を
楽しみながら散歩ができるわけですね!

紅葉渓庭園の営業時間

◇休業日 12/29~1/3
◇利用時間 9:00~17:00
◆入場 無料

御橋廊下

migisita

二の丸と西の丸を
行き来するために架けられた

「御橋廊下(おはしろうか)」

殿様や奥女中が行き来する際に雨風を避け、
外から姿が見えないように、

屋根と壁が設けられています。

通常は「廊下橋(ろうかばし)」と呼ばれ
平行な場所に橋を架けることが多いですが、

和歌山城の「御橋廊下」は高低差があり
斜めに橋が架けられています。

斜めの橋に平らな床だと滑り台状態なので
滑らないよう廊下に突起があるのですが、

素足で歩くと足がちょっと痛かったです!

無料で通行できるので、和歌山城観光の際は
是非通ってみてくださいね!

◇休業日 12/29~1/3
◇利用時間 9:00~17:00
◆通行料 無料

紅松庵

「数寄屋造り」という建築方法で作られた

茶室の「紅松庵(こうしょうあん)」

今でも利用されている茶室なので、
滝の音を聴いたり、

紅葉渓庭園を眺めながら、抹茶と
季節の和菓子を食べることができますよ!

スポンサーリンク

紅松庵の営業時間

◇休業日 12/29~1/3
◇利用時間 9:00~16:30
◆一服 460円

鳶魚閣

migisita

紅葉渓庭園の堀の中に浮かぶ

「鳶魚閣(えんぎょかく)」

今は使われていませんが、
風流なたたずまいは今でも人気があり、

「鳶魚閣」と「御橋廊下」の両方が見える
フォトスポットが特に人気の場所です。

西之丸庭園へ行った際は最高の一枚を
撮ってきてくださいね!(゜o゜)

わかやま歴史館

migisita

お土産屋や観光案内所とあわせて
「歴史展示室」が設置されている
小さな博物館です。

和歌山城の天守閣に入場する際の
チケット売り場で共通券が買えますよ!

共通券ではなく別途入場料を払う場合でも

高校以上:100円
小・中学生:無料

と、とてもリーズナブル入場料なので
休憩がてら行くのもおすすめですよ!

色々な歴史品や資料が展示されていたり
和歌山城の昔の姿を3D映像で再現した
プチ映画館があったりするので、

観覧してきてくださいね!

わかやま歴史館の営業時間

◇休業日 12/29~12/31
◇利用時間 9:00~17:00
◆高校生以上 100円
◆小・中学生 無料

紅葉渓庭園の紅葉まとめ

migisita

「紅葉渓庭園」は季節によっても
見え方が変わるため、

色々な季節に見に行ってみたい場所です。

特に「紅葉渓庭園」と呼ばれるだけあって
紅葉の時期には見ておきたい場所ですよ!

和歌山城の「動物園」「天守閣」
「紅葉渓庭園」とお伝えしてきましたが、

なんだかんだで丸一日楽しめる
観光場所だったので、

和歌山城の観光はおすすめです!

和歌山城や公園内では定期的に
イベントも行われているので、

気に入ったイベント時に行くのもよさそうです。

「全肉祭」や「和歌山城で天体観測」
「忍び大集合」など、

思いのほかイベントを行っているようなので
観光前にはチェックですね!(゜-゜)

和歌山城公園観光WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です