お出かけスポットで知った「見る・遊ぶ・食べる」についての情報をお伝えします!アルクス(あるく子)の旅!

竹生島のアクセス方法は?長浜港の無料駐車場とは?

2018/05/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

日本遺産に認定された祈りの島

竹生島(ちくぶしま)」

湖岸から約6kmの沖合に浮かぶ
周囲約2kmの島は、

島全体が神秘的な空気に包まれており
全国から多くの人が訪れます。

今回はこの「竹生島」へ行くために
「長浜」からのアクセス方法を
お伝えしていきますね!

竹生島のアクセス

竹生島のアクセス第三段!

いつになったら島の話が
出てくるのか?

と思われ始めているころかと
思いますが、これで最後です!

案の定、移動方法は「船」ですよ!

おすすめの「港」3ヵ所中
最後にご紹介する港は

「長浜港」になります。

他の港からのアクセスは
別記事を参考にしてください!

竹生島のアクセス方法は?彦根港の無料駐車場とは?

竹生島のアクセス方法は?今津港の無料駐車場とは?

長浜港のアクセス

竹生島から見て東に位置する

「長浜港(ながはまこう)」

「ひこにゃん」のような
人気のゆるキャラはいませんが

「長浜城(ながはまじょう)」

があるので竹生島と合わせて
観光できますね!

竹生島行きの料金は
3ヵ所中一番高いですが、

「長浜城」のほかに

「黒壁スクエア」などの

観光場所や「鯖そうめん」
といった特産物もあります。

観光スポットも船の料金も
彦根に負けているような気が
しなくもないですが、

さっそくアクセス方法を
見ていきましょう!

電車

電車の場合、最寄り駅は
「JR長浜駅」になります。

駅から徒歩で長浜港まで9分くらいなので、
全然歩いていけますね!

京都駅からのアクセスは

「JR東海道本線」を使い

「彦根駅」を超えて、

「長浜駅」までいきます。

1時間20分ほどなので、
それなりに時間が必要になります。

新幹線だと36分ほどで着きますよ!

名古屋駅からのアクセスは

「JR東海道本線」を使い

一旦「米原駅」までいきます。

そこから「長浜駅」までいくので、
1時間40分ほどの道のりです。

長浜観光もセットで
予定を立ててくださいね!

京都駅から車でくる場合、
京都の山科区から滋賀の大津へ抜けたあと

「近江大橋」を渡り、
「湖岸道路」を琵琶湖沿いに

ひたすら北上するという
わかりやすい道です。

京都駅からだと、
2時間ぐらいのアクセスなので、

長浜周辺の観光をしないなら
今津港がおすすめですね!

ちなみに「長浜港」までの
アクセスは、161号線から
「今津港」を超えて、

「マキノ」を観光していく
という方法もあるので、

「メタセコイア並木」で
有名な「マキノ」によるのも
おすすめですよ!

名古屋からは21号線経由で
ひたすら西に進む2時間ほどのコースです。

伊吹山近くの道を通るなら、

彦根も長浜もそんなに距離は
かわらないですよ!

長浜港の無料駐車場

migisita

長浜港の駐車場も
港のすぐ横にあります。

今津港と彦根港に続いて
もちろん無料駐車場です。

駐車場すぐ横は近くて
便利ですね!

長浜港⇒竹生島の料金

スポンサーリンク

長浜港は今津港と同じ
「琵琶湖汽船」という
株式会社の船になります。

長浜港⇒竹生島30分ほどの
乗船時間ですね!

長浜港⇔竹生島 往復料金
大人 3080円
学生 2450円
小学生 1540円

※中・高・大学生は
 学生証の提示が必要です。

琵琶湖汽船の竹生島運行情報
琵琶湖汽船運行スケジュール

竹生島 拝観料
中学生以上 400円
小学生以下 300円

まとめ

migisita

長浜港から竹生島の運行は
基本的に今津港からの運行と
同じになります。

一日5便が基本になっていて、
冬季は一日2便になります。

一便のがすと1時間30分待ちに
なるのも同じですね!

そういえばどの航路も
竹生島の上陸時間があり、

今津港⇔竹生島は75分

彦根港⇔竹生島は70分

長浜港⇔竹生島は80分

となっています。

竹生島をぐるっと一周
のんびり観光しましたが、

70分ぐらいの所要時間だったので
竹生島の食堂でゆっくり
ご飯を食べたりしなければ、
じゅうぶん観光できますよ!

もし時間が足りない場合も
もう一便後の帰りの船が
ある時間であれば、

後の船にも乗れるので、
最終便でなければ
慌てる必要はありません!

ただ往復の乗船券は
必要なので無くさないように
注意してくださいね!

それでは次回はいよいよ
竹生島へ上陸してからの
様子をお伝えしていきます!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お出かけスポット情報「あるく子」 , 2017 All Rights Reserved.