実際に行った旅行で「見て・遊んで・食べた」観光情報をお届け!

竹生島アクセス「彦根港」編!周辺の駐車場もご案内!

2019/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

竹生島へアクセスする方法で
唯一運行している船の会社が違う、

「彦根港」ですね!

時代劇などが好きな方に人気の
かっこいい船も運行しているので、

興味があるかたは彦根港からの乗船が
おすすめですよ!

それでは早速見て行きましょう~

スポンサーリンク

竹生島のアクセス

島というだけあってもちろん移動方法は
「船」になりますよ!

車や電車で来る場合は「彦根港」まで
移動した後に、

船に乗り換えるという流れですね!

おすすめの「港」は3ヵ所ありますが
今回はその中の「彦根港」に

スポットを当ててお伝えしていきますよ!

別の港からのアクセスはそれぞれの記事を
参考にしてみてくださいね!

竹生島アクセス「長浜港」編!周辺の駐車場もご案内!

竹生島アクセス「今津港」編!周辺の駐車場もご案内!

彦根港のアクセス

migisita

竹生島から見て南東側に位置する

「彦根港(ひこねこう)」

「ひこにゃん」でおなじみの

「彦根城(ひこねじょう)」

も近くにあるので、
竹生島と合わせて観光できますよ!

竹生島行きの料金は
「今津港」より少し高めですが

近くの「彦根城」や「彦根博物館」
「夢京橋キャッスルロード」など

観光場所が多数あるため
竹生島と合わせて彦根も
観光する場合や、

名古屋方面から来る場合は
「彦根港」がおすすめですね!

電車でアクセス

電車の場合、最寄り駅は
「JR彦根駅」になりますが、

駅から徒歩で彦根港へ行くと
2.4kmほどあるため、
30分くらいかかります。

京都駅からのアクセスは

「JR東海道本線」を使い

「彦根駅」まで移動します。

50分ほどなので、今津港のアクセス時間と
あまり変わりませんが、

彦根港までの距離が遠いのが難点ですね!

名古屋駅からのアクセスは

「JR東海道本線」を使い

1時間20分ほどで「彦根駅」です。

米原で乗り換えて長浜駅まで行き、
長浜港からのアクセス方法もありますが、

彦根駅のほうが近いので、
長浜を観光する予定がなければ

彦根港からのアクセスが
おすすめですね!

ちなみに、「彦根駅」からは

「彦根港」までの「無料シャトルバス」が

でています。

本数が少ないため、
電車でくる場合は時間に注意ですよ!

車でアクセス

京都駅から車でくる場合、
京都の山科区から滋賀の大津へ抜けたあと、

「近江大橋」を渡り、
「湖岸道路」を琵琶湖沿いに

ひたすら北上するという
わかりやすい道です。

京都駅からだと、
1時間40分ぐらいの道のりなので、

彦根周辺を観光しないなら、
今津港のほうがおすすめですね!

ちなみに「琵琶湖大橋」は
有料なのでご注意ください。

名古屋からは21号線経由で
ひたすら西に進む2時間ほどのコースです。

伊吹山の南側の道ですね!

名神高速を使えば
1時間30分ほどの道のりなので、
30分ぐらい時間短縮ができます。

彦根港の無料駐車場

migisita

彦根港の駐車場は
港のすぐ横にあります。

今津港に続き彦根港の
駐車場も、もちろん無料です。

本当に乗り場の隣なので
駐車場の場所には困りませんよ!

スポンサーリンク

彦根港⇒竹生島の料金

彦根港は「オーミマーリン」という
近江鉄道グループの船になります。

彦根港⇒竹生島で40分ほどの
乗船時間ですよ!

彦根港⇔竹生島 往復料金
大人 3000円
学生 2400円
小学生 1500円

※中・高・大学生は
 学生証の提示が必要です。

オーミマーリンの竹生島運行情報
オーミマーリン運行スケジュール

竹生島 拝観料
中学生以上 400円
小学生以下 300円

彦根からの人気船

migisita

オーミマーリン一押しの

赤備え船『直政(なおまさ)』

名前の由来は江戸時代に
近江の国で彦根藩を治めていた
「井伊家」の井伊直政だそうです。

井伊直弼(いいなおすけ)は
特によく聞く名前ですね!

船体は「井伊家」の甲冑(かっちゅう)
をモデルにして造られていて、

上部は赤色で塗られ、
底部は黒色の塗装になっています。

また、井伊家の家紋である

「彦根橘(ひこねたちばな)」

が正面と船体左舷に描かれていて、

右舷には、「井桁(いげた)」が
描かれています。

2017年にNHKの大河ドラマで

「おんな城主 直虎」を

放送していたので、
それに便乗して船の塗装と
船名を変えたようです(゚△゚;)

ちなみに「彦根城」で「井伊家」の甲冑を
見ることもできますよ!

竹生島アクセス「彦根編」のまとめ

migisita

彦根港から竹生島の運行は
一日4便と今津港よりも
出航回数が少ないです。

冬季は一日2便になり、
人気の「赤備え船『直政』」も
不定期運行になっています。

赤備え船『直政』に乗る場合は、
公式サイトでしっかりと
チェックしておいてくださいね!

また、彦根港も一便のがすと
1時間30分待ちになるので、

出航時間はしっかりチェックすることを
おすすめします!

竹生島観光WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 国内旅行を格安予約!お出かけ?あるく子! , 2017 All Rights Reserved.