実際に行った旅行で「見て・遊んで・食べた」観光情報をお届け!

メタセコイア並木は滋賀の名所!約2.4kmの日本街路樹百景とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

関西圏でメタセコイアの名所といえば
滋賀県の高島市マキノ町にある、

「メタセコイア並木」が有名ですね!

約500本ほどのメタセコイアが
左右に並ぶ真っすぐな道を、

散歩したりドライブしたりと
多くの人が訪れる場所です。

今回はこの滋賀の名所で
どんな景色か見れるのか?

さっそくご紹介していきたいと思います!

メタセコイア並木

メタセコイアといえばシュッと縦長で
真っすぐ伸びている姿が特徴ですよね!

生長すると高さ30m近くまで伸び
太さは1.5mほどにまで大きくなります。

滋賀県にあるメタセコイアは

まだまだ生長途中なので太さが
1m以下の木が多いですが、

2km以上も続いて生えているので
中々見れない絶景が見れますよ!

メタセコイア並木の景色

migisita

メタセコイアは落葉樹なので

春になると芽吹きだして
綺麗な緑色に染まってきます。

夏になると青々と生い茂り
秋になると綺麗な紅葉になるのです。

冬になると落葉して枝だけになりますが
枝だけになったメタセコイアに積もる

雪景色がまた絶景なんですよ!

1年を通してメタセコイアの姿が
変わっていくので、

その姿をいつ見に行っても良いのですが、

おすすめはやっぱり12月初旬に赤く色づく
紅葉の季節が1番の見どころになります。

色々なメディアや雑誌にも掲載されますが
秋のメタセコイア並木は神秘的な景色を

見ることができますよ!

メタセコイア並木11月中旬

migisita

写真のメタセコイア並木は
2017年の11月17日の景色です。

比叡山ドライブウェイの紅葉は
赤々と染まっていたり、

場所によってはすでに落葉して
枯れ木のようになっていましたが、

マキノ町のメタセコイア並木は
ちょっと色が変わってきたかな??

ぐらいの染まり具合です。

紅葉でよく見るイロハモミジは

関西圏だと10月後半にもなれば
赤々と色づいてきますが、

メタセコイアは紅葉時期が12月頃と
かなり遅いのです。

綺麗な紅葉を見たい場合は
観光時期に注意してくださいね!(゜o゜)

マキノ町周辺の観光場所

スポンサーリンク

メタセコイア並木は琵琶湖の
北西にあるので、

この場所からアクセスしやすい
観光場所を見ていくと、

「箱館山コキアパーク」
「びわ湖バレイ」
「竹生島」
「比叡山」

などなど!

滋賀の観光地が色々あります。

特に車でのアクセスであれば
色々なところを周れるので、

是非あちこち観光してみてくださいね!

ちなみに「竹生島」は「今津港」から
定期船がでているので、

無料駐車場に駐車して行くと良いですよ!

竹生島のアクセス方法と、今津港の無料駐車場

まとめ

migisita

メタセコイア並木の景色は
1年を通して少しずつ変わっていくので、

滋賀県を観光する際に合わせて
立ち寄るのがおすすめですよ!

車で通り抜けてみたり
遊歩道を散歩してみたりと、

のんびりした時間が過ごせるので
是非一度行ってみてくださいね!

ちなみに近くに無料の駐車場もあるので
車でもアクセスしやすい場所ですよ!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です