お出かけスポットで知った「見る・遊ぶ・食べる」についての情報をお伝えします!アルクス(あるく子)の旅!

丹波の道の駅はここがおすすめ!おばあちゃんの里の名物とは?

2018/04/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

道の駅おばあちゃんの里

スポンサーリンク

癒し・健康・環境をテーマに、
作られた丹波の道の駅

おばあちゃんの里」は

「誰もが親しめる、賑わいの場を目指す道の駅

というコンセプトで
運営されています。

丹波周辺はホタルや花、
お寺などの観光スポットを
観光する際の休憩所として
最適ですね!(゜o゜)

また丹波名物の黒豆を使った
食べ物やお土産も色々と
販売されていますので、

おすすめの黒豆グルメなども
ご紹介していきますよ!

道の駅の施設

こちらの道の駅の主な施設は

「トイレ」
「木の香るフードコート」
「Kitchenおばあちゃんの里」
「お土産売り場」

になります。

駐車場のおすぐ近くに
子供と遊べる遊具もあるので、

休憩してから遊んでも良いですね!

営業時間と駐車場

◆定休日なし
◆8:30~18:30
〇駐車場:104台 無料

普通車91台・大型車13台

となっています。

トイレ

スポンサーリンク

おばあちゃんの里にあるトイレは
外装が和風な造りだったので、

ぱっとみた感じは何かの
お店かと思いました。

が、中に入ってみると比較的新しい
普通のトイレでした。(゚△゚;)

すぐ右隣りの建物は
木の香るフードコートになります。

木の香るフードコート

migisita

こちらの建物では、観光案内所と
フードコートがあります。

フードコートには

「パン」「アイスクリーム」
「古小路(カフェ)」
「日向(麺・定食)」

などのお店があります。

「丹波栗」をつかった

「丹波栗の塩むすび」

「丹波の黒豆パン」

「おばあちゃんの黒定食」

「もっちり太麺!黒豆うどん」など

黒豆を使った商品も色々ありますよ!

フードコート内は
木の香るの名前の通り
ログハウスのような造りで、

日が差し込んで明るい店内でした。

観光にきた際にのんびりできるような
雰囲気の道の駅ですね!

お土産売り場

migisita

丹波市観光協会

「春日観光案内所」

という名前の建物です。

店内では、近場の農家で栽培された
野菜を販売しているコーナーと、

お土産用の特産品を
販売しているコーナーに分かれています。

お土産コーナーでは

「山の芋」「丹波布」
「丹波イノシシ肉」など

丹波の名産物が販売されています。

丹波名物は黒豆だけじゃない?

丹波の名物といえば

「丹波の黒豆」ですが、

丹波の「山の芋」は
別名「つくねいも」とも呼ばれ、

消化に良い優れた栄養食品として
各地にも出荷されている名産品です。

また丹波の山には「山の芋」
などの栄養価の高い食べ物が
豊富にあるため、

これを食べて育つ「イノシシの肉」が
大変おいしいことで、

全国的にイノシシ肉の
名産地としても有名です。

丹波は寒冷地でもあるので
冬場はよく引き締まった
イノシシの肉が美味しく、

丹波周辺の旅館や料亭では、
美味しいイノシシ肉で作る

「牡丹鍋(ぼたんなべ)」を

提供しているわけですね!

泊りがけで観光する際は
是非おすすめの一品です。

まとめ

道の駅おあばちゃんの里の
イメージとしては、

一戸建て平家が数軒建っている
という和風な感じがする道の駅でした。

お土産コーナーのほうは、
丹波の黒豆や栗といった

丹波の名産物が販売されていたり、
野菜の直売所になっている場所でした。

フードコートは和風な外装と違い
ログハウスのような内装だが
特徴的ですね!

独自の黒豆をつかったランチや
スイーツなどもあるので

近くを観光するときは
ランチやお土産を買いに
行くのがおすすめですよ!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お出かけスポット情報「あるく子」 , 2017 All Rights Reserved.