旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

三段壁の駐車場は無料と有料がある!失敗しない駐車場所は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

三段壁駐車場は無料と有料があって
道沿いにある駐車場へ適当に入ると、

有料の駐車場がありますが
三段壁の近くにきちんと、

無料駐車場がありますので
注意してくださいね!

そんなわけで今回は三段壁駐車場の
無料と有料の駐車場について、

ご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

三段壁の駐車場

三段壁には専用の無料駐車場がありますが
周辺の有料駐車場が異様に目立だちます。

「三段壁まですぐそこ!」

と書かれたお土産屋や飲食店があり、

駐車料金が

「〇円以上お買い上げで〇時間無料!」

「買わない場合は前払いで〇円!」

といった看板が立っている場所が
多数あるのです!

無料駐車場がある観光場所なのに
知らないと有料駐車場になるという
商売が盛んな観光スポットなので、

あらかじめ無料駐車場の場所を
確認しておくのがおすすめですよ!

三段壁の無料駐車場

三段壁の無料駐車場は三段壁がある場所の
少し北東側にあります。

白良浜から来た場合、少し手前にある
「福亀堂三段店」という店は、

有料駐車場になっているので
そこから少し先に進んだ、

「三段壁」交差点まで行くと
無料の駐車場が見えてきますよ!

白良浜方面から三段壁に行くと
どうしても有料駐車場が目立つので
注意してくださいね!

三段壁の営業時間と料金

◇営業時間 8:00~17:00
◇定休日 年中無休
◆大人 1300円
◆小学生 650円
◆小学生未満 無料

三段壁の有料施設は洞窟だけで
その他は無料で楽しめます。

洞窟は12月中旬に洞内点検のため
臨時休館する場合がありますが、

基本的には年中無休です。

小型であればペット同伴も可能だったり、

車いすベビーカーでも進めるように
スロープが設置してあるので、

家族連れでも観光できる場所ですよ!

スポンサーリンク

三段壁

migisita

最初に見るのは全体を見渡せる
三段壁のメインスポット

「三段壁展望台」です。

吉野熊野国立公園「名勝 三段壁」

という文字がでかでかと書かれた
看板が立っている場所ですね!

以前はそんなこと書いていなかった
気がするのですが、

看板の下に小さく「恋人の聖地」
と記載されていました。

あやかれるものは何でものっかる
スタンスで営業しているようです!

それはそれとして、この展望台からの
景色はたしかに絶景で、

目の前に広がる三段壁は
普段見れない景色が広がっています。

字のごとく断・崖・絶・壁なので、
足元には注意してくださいね!

千畳敷

migisita

三段壁の展望台から見えていた

「千畳敷(せんじょうじき)」ですが、

こちらは地層の上を歩くことができます。

実際に歩いてみましたが
ごつごつした歩きにくい岩場で、
特に面白みはありませんでした!

ただ三段壁の展望台があった場所を
正面から見ることができるので、

実際に展望台がとんでもなく
断崖絶壁にあるのがよくわかる
場所ですよ!(゚△゚;)

三段壁洞窟

migisita

波で削られて出来た洞窟を

「海食洞(かいしょくどう)」

と言い、この自然にできた洞窟が

「三段壁洞窟」と呼ばれる場所ですね!

三段壁洞窟は平安時代の源平合戦で
熊野水軍が船を隠した・・

という伝説が残されていて、
実際に入ることができるのです。

辯天堂(べんてんどう)と書かれた
お土産屋の建物に入ると、

入口があるので、エレベーターに乗り
地下36mまで降りていきます。

洞窟には

「牟婁大辯才天(むろだいべんざいてん)」

が「大黒天」「毘沙門天」「十六童子」

を従えて、どんな願いでも叶えると
言われるパワースポットがあるので、

パワースポットを巡っている方は
必見の場所ですね!(゜-゜)

三段壁の駐車場まとめ

migisita

三段壁洞窟以外は無料で観光できるので、
近くで宿泊したり、観光する際には
おすすめの観光スポットです。

絶景を見ながら無料で利用できる

「三段壁足湯」は白良浜周辺の
足湯巡りスポットのひとつなので、

足湯巡りと合わせて三段壁に
行ってみるのもおすすめですよ!

白浜観光WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です