旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

音羽山観音寺は宿泊できる?駐車場や行き方は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

奈良県にある「音羽山」の山中にたたずむ

音羽山観音寺(おとわやまかんのんじ」

直接、車で行くことが出来ない
参道に建つお寺ですが、

一般客も宿泊できる宿坊もあるので
日頃の生活から少しはなれて、

精進料理を食べたりしながら
静かな時を過ごすことできます。

今回はそんな「音羽山観音寺」の
宿泊場所と行き方について、

ご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

音羽山観音寺の宿泊

音羽山観音寺の宿泊場所は広く
客室は6室もあって、

最大20名まで宿泊できます。

ただ、切盛りしているのは基本的に
音羽山観音寺の住職さんと副住職さん、

そしてお手伝いのまっちゃんの3人なので
あまり人数が多いと大変そうです(゜-゜;)

音羽山観音寺の宿泊はひっそりと
行われているため、

楽天やじゃらんなどの旅行プランなどに
掲載されていないため、

すべて電話での予約となっています。

しかも、思っているより人気もあるので
運よく宿泊できるかはその時次第!

ですので、宿泊してみたい方は
早めに電話で事前予約の相談を
しておくのがおすすめですよ!

ちなみに予約する際の電話番号は

「0744-46-0944」です。

音羽山観音寺の宿泊料金

1泊2食付きの宿泊料金が
「7000円~10000円」となっていまして、

その時の内容によって異なります。

電話予約なのでその時に相談したり
確認することになりますよ!

もちろん2食の料理については
精進料理なので、

静かな場所で心穏やかな食事を
楽しむことができます。

宿坊で精進料理ということで
お寺が好きな方には最高の一時ですね!

音羽山観音寺の精進料理

音羽山観音寺では宿泊だけではなく
ランチに精進料理を食べることも出来ます。

もちろんこちらも数日前より予約が
必要になっていますので、

直近だと難しい場合もありますよ!

精進料理だけ食べたい場合の料金は
「2500円~5000円」になるので、

日帰りで音羽山観音寺の周辺を
散策する場合は、

精進料理を食べる時間は電話予約の際に
確認しておいてくださいね!

電話番号:「0744-46-0944」

スポンサーリンク

音羽山観音寺の行き方

国道37号線の桜井吉野線という道を
寺川沿いに進むと、

音羽山観音寺の参道に続く
脇道が見えてきます。

北側からの行き方は

「桜井市立総合福祉センター」から
寺川沿いに少し南に進んでいくと、

2車線の道の途中に眼病霊験「音羽山観音寺」
と書かれた看板がたっているので、

その看板を目印に左に曲がります。

脇道に入る場所が少し分かりにくいので
地図を参考に行き方を確認してくださいね!

南側からの行き方は「不動延命の滝」が
流れている「寺川」の曲がり角から、

少し北に進んでいくと2車線の道が
1車線に減少するので、

その細くなった道からさらに細い脇道を
登っていきます。

曲がり道に音羽山観音寺の看板が無いのと
道がすごく狭いので注意してくださいね!

音羽山観音寺の駐車場

駐車場というより舗装されていない
空地になりますが、

5台ぐらいは駐車が出来そうなので
別の参拝者の邪魔にならないように、

出来るだけ詰めて駐車することになります。

枠線とか無いので詰めすぎたり
雑な駐車になりすぎないように
注意が必要ですよ!

ちなみに駐車料は無料です。

音羽山観音寺は宿泊まとめ

音羽山観音寺は電話予約のみで
一般人からすると隠れスポット的な
宿泊場所になるので、

お寺や宿坊が好きな方には
静かな一時が過ごせる良い宿泊場所ですね!

ただ「やまと尼寺精進日記」という番組で
放送されている場所でもあるので、

ちょくちょくテレビ取材の方が
来ていることもありますよ!

音羽山観音寺で暮らす3人の内容が
載っている本もあるので、

興味がある方は確認してみてくださいね!


やまと尼寺精進日記

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です