旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

伏見稲荷大社のお茶屋!和と神秘の山道茶屋とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

伏見稲荷の参道について前回は
ランチスポットをご紹介しましたが、

今回はランチでは無く「カフェ」を
ご紹介していきます!

カフェと言うと何だかお洒落っぽい
感じもしますが、

いわゆる参道にある「茶屋」とか
「甘味処」といった場所ですね!

山登りで疲れた体に糖分補給できる
休憩スポットになるので、

上手く休憩しながら山頂まで
行ってみてくださいね!(゜o゜)

スポンサーリンク

伏見稲荷のお茶屋

さて今回は参道のカフェということで
ランチスポットよりも店舗が少し増えます!

ただし今回は、名物の「きつねうどん」や
「いなり寿司」の話は出てこないので、

参道のランチスポットについては
別記事を参照してくださいね!

それでは奥社奉拝所から参道に進んで
最初のカフェ「竹屋」からスタートです!

伏見稲荷のお茶屋「竹屋」

zyunbityu

熊鷹社の目の前にあるカフェ?
というよりかは民家的な感じの甘味処です!

参道に入ってから最初の座って休める
休憩ポイントなので、

それなりに人が集まっている場所ですね!

こちらでは「おもち」や「ぜんざい」を
食べることができますが、

まだまだ行ける方は、どんどん進みましょう!

次は三つ辻の分岐点です。

伏見稲荷のお茶屋「三徳亭」

zyunbityu

三つ辻の分岐点からすぐ右側にある食事処です。

こちらでは抹茶の最中が食べられますよ!

営業時間は「8:30~16:30」で
営業日は不定休となっています。

伏見稲荷のお茶屋「京屋」

三徳亭から少し進んだ場所にある食事処です。

こちらでは「わらび餅」や「ひやしあめ」
といった甘味がそろっています。

ただ三徳亭と違い人の多い日にしか
営業していないようなので、

また営業時に調べておきます!

伏見稲荷のお茶屋「にしむら亭」

zyunbityu

四ツ辻にある1番大きな食事処ですね!

江戸時代から続く老舗ということで、
メニューも豊富です。

一番人気なのは各種ソフトクリームですが
「ぜんざい」や「抹茶のアイス」など、

その他にも甘味や抹茶ラテなどの飲み物も
販売されていますよ!

営業時間は「10:00~17:00」で
営業日は不定休となっています。

ランチのラストオーダーは「15:30」
となっているので、

ご飯を食べたい場合は早めの時間に
登る必要があります。

周辺は景色の良いスポットが多いので
休憩後は見て回ると良いですよ!

そして、この先には食事処はないですが
カフェっぽいところはまだありますよ!

伏見稲荷のお茶屋「薬力亭」

zyunbityu

いきなり雰囲気が和の世界に変わる
「薬力亭」です。

岩山の影にひっそり佇む茶屋
という感じの場所ですが、

近くからは滝の音が聞こえてきて
風流な雰囲気を出しています。

元々は「ゆで卵」を売っている謎の店
という感じだったのですが、

いつの間にかコーヒーの販売が始まり
甘味と合わせてカフェ感がでてきました。

周囲には「薬力社」や「薬力の滝」など
健康の大神が祀られているので、

一休みして周辺の社を参拝したら
今度は御剣社へ進みます。

伏見稲荷のお茶屋「御剣家」

zyunbityu

ゆっくり座って休憩出来るというほど
広い場所ではないのですが、

こちらでは「いっぷくセット」といった
お茶と和菓子のセットを販売しています。

周辺は木々に囲まれていてちょっと神秘的な
空間になっている場所です。

近くの「御劔社(みつるぎしゃ)」では
「剣石(つるぎいし)」と呼ばれている
大きな石が祀られているので、

立ち寄った際は見てきてくださいね!

ここより先は山頂までお店は無く
ひたすら登り道になります!

ちなみに山頂まで行って別ルートから
「四つ辻」までいく間に、

カフェっぽい場所はないですが、

自動販売機やお守りなどを授与している
小さなお店はいくつかありますよ!

スポンサーリンク

伏見稲荷のお茶屋参道編まとめ

伏見稲荷の参道には古くから続く甘味処や
ランチスポットがあるので、

休憩しつつ、甘いものを食べつつ
観光することができますよ!

ただし、16時頃を過ぎてくると
ほとんどの店が閉まってくるので、

休憩しながら参道を登る際は
早い時間に行くのがおすすめです!

伏見稲荷大社WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です