実際に行った旅行で「見て・遊んで・食べた」観光情報をお届け!

京都嵐山の「竹林の道」ライトアップ花灯路!2018年の開催日程は?

2018/11/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

京都の観光スポットでも人気の高い

「嵐山(あらしやま)」

その中でも人が集まる場所が

「竹林の道」や「竹林の小径」と

呼ばれている場所ですね!

さらに毎年12月になると「渡月橋」や
「竹林の道」がライトアップされるため、

夜になると大勢の人で賑わいます。

今回はこのライトアップされた
「渡月橋」や「竹林の道」について

ご紹介していきたいと思います!

竹林の道ライトアップの開催日程

2018年のライトアップ時期は

「12月8日~12月17日」となっていて

開催している時間は

「17:00~20:30」になります。

ライトアップされた「渡月橋」や
「竹林の道」は神秘的な和の景色なので、

見たこと無い方はぜひ
見に行ってみてくださいね!

ライトアップ場所と花灯路のコース

migisita

黄色の円がライトアップ場所で
赤色の線が花灯路になります。

12月の一定期間になりますが
「京都・嵐山花灯路」という名称で
「竹林の道」がライトアップされます。

「竹林の道」以外にも
「法輪寺」「渡月橋と周辺」
「野宮神社」もライトアップ場所になります。

もちろんその他は
真っ暗というわけではなく、
約2500基のLED電球を使用した

「灯りと花の路」

という「灯りの路」になっているので
幻想的な情景を楽しむことができますよ!

渡月橋

migisita

古くから

「月が橋を渡るかのように」

見えたことから

「渡月橋(とげつきょう)」

と命名され現在まで伝えられる橋です。

渡月橋から見る嵐山の景色は
季節によって変わるので、

桜・緑・紅葉・雪とさまざまな
風景が楽しめます。

一度だけでは味わいつくせない景色なので
何度も足を運びたくなる観光地ですよ!

竹林の道

migisita

嵐電(京福)嵐山本線「嵐山駅」から
少し北に歩くと「竹林の道」入口です。

そこから竹林へ入って行くと、

「野宮神社」の付近あたりから
「大河内山荘庭園」まで、

300mほどの距離も竹林の道が
ライトアップされます。

スポンサーリンク

日中は降りそそぐ木漏れ日や
笹の音色で心が癒される観光場所ですが、

夜は神秘的な竹林の風景が見れる
この時しか見れない観光場所になります。

ちなみに日中は人力車も走る道なので、

引手である俥夫(しゃふ)との会話を
楽しみながら観光するのもおすすめですよ!

嵐山ライトアップスポット

法輪寺(ほうりんじ)

「十三まいり」のお寺として有名な

「法輪寺(ほうりんじ)」

人形塚、針供養塔などもあり、

毎年10月15日になると
「人形供養」が行われます。

12月8日には「針供養」が行われるので、

それぞれ、供養したい物などがあれば
持ち寄って供養してもらいましょう。

〇所要時間:約5分
〇営業日 :年中無休
〇拝観時間:9:00-17:00
〇拝観料:無料

大河内山荘庭園(おおこうちさんそう)

トロッコ嵐山駅の近くにある
観光スポットになります。

敷地面積が約20,000㎡もある園内は
桜や楓が多く植栽され、

季節ごとに違った景色を楽しめます。

〇営業日 :年中無休
〇拝観時間:9:00-17:00
〇拝観料
高校生以上:1000円
中学生以下:500円

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

紅葉の美しい「小倉山」の中腹にあるお寺で、
紅葉の季節は特に人気の観光スポットです。

桜は「嵐山」
紅葉は「常寂光寺」

と、言われるスポットなので、
紅葉の季節にはおすすめの場所ですね!

〇所要時間:約20分
〇営業日 :年中無休
〇拝観時間:9:00-17:00
〇拝観料
中学生以上:500円
小学生  :200円

二尊院(にそんいん)

「常寂光寺」のさらに北側にある「二尊院」

紅葉の時期は参道が「紅い絨毯」になり
とても綺麗な観光スポットです。

〇所要時間:約20分
〇営業日 :年中無休
〇拝観時間:9:00-16:30
〇拝観料
中学生以上:500円
小学生  :無料

まとめ

migisita

風情ある嵐山の「竹林の道」は
昼も夜も「和」を感じれる観光スポットです。

ライトアップの時期以外でも
十分に楽しめますので、

是非足を運んでみてくださいね!

また周辺の観光スポットも多いので、
「竹林の道」を通って色々なお寺巡りや

トロッコに乗って保津川が流れる
山の景色を楽しむこともできます。

季節によっても風景が変わるので
季節ごとに何度も楽しめる
観光スポットですね!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です