お出かけスポットで知った「見る・遊ぶ・食べる」についての関西情報をお伝えします!アルクス(あるく子)の旅!

「双樹」はたまごサンドがおすすめ?大阪で人気の玉子料理店とは?

2018/07/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

たまごを知り尽くした
玉子料理の店「双樹

元々は阪急うめだ本店の
地下1階で、「玉子料理専門店」
として惣菜を販売していました。

ところが2016年6月から
惣菜として販売していた

だし巻き玉子をサンドイッチにして
販売を開始したのです!

元々こだわった出汁で作っていた
だし巻き玉子が人気でしたが、

パンに挟んで、だし巻き玉子の
サンドイッチにしたところ、

一躍人気メニューとなりました。

双樹のメニュー

おすすめのたまごサンドは

「出し巻たまごサンド」という名称で

6個で580円、12個で1160円と
2種類の箱で販売されています。

〇出し巻玉子 1/2本    :324円
〇出し巻玉子  1本    :648円
〇出し巻玉子(ねぎ入り)1/2本:346円
〇出し巻玉子(ねぎ入り)1本 :692円
〇う巻き 1/2本      :540円
〇う巻き  1本       :1080円
〇豆ご飯の出し巻弁当    :580円
〇鶏ご飯の出し巻弁当    :681円
〇う巻き弁当        :756円
〇ふわふわオムライス    :681円
〇大阪一銭洋風焼      :380円
〇出し巻たまごサンド 6切  :580円
〇出し巻たまごサンド 12切 :1160円

営業時間

スポンサーリンク

〇営業日 :月・火・日
〇営業時間:10:00-20:00

〇営業日 :水~土
〇営業時間:10:00-21:00

ただし「出し巻きたまごサンド」は
夜には完売していることが多いので、

食べたいと思ったときは
ランチの時間帯がおすすめです!

出し巻たまごサンド

migisita

今でも人気の出し巻たまごサンドは
こんなパッケージで販売されています。

画像は6切580円の出し巻たまごサンドになります。
migisita

ぱかっと開けると透明のシートの上に
おてふきがはいっています。

migisita

ポイっと捨ててしまうと
こんな感じです。

からしマヨネーズがぬられたパンに
分厚い出し巻き玉子が挟まっています。

画像だと小さく見えますが
意外と大きいサイズなので、

一口で食べるのは難しいくらい
ボリュームがありますよ!

そこそこお腹も膨れるので
お出かけするときにお弁当として
持っていくのもおすすめです。

双樹の店舗は梅田以外にもある!

実は2016年の11月頃から
阪急梅田の本店だけではなく、

千里中央にある千里阪急でも
玉子料理専門店の「双樹」が
オープンしています。

もちろん「出し巻たまごサンド」も
同じ値段の6切れ580円で販売しているので
梅田以外でも食べることができるのです!

まだまだあります。

宝塚阪急の食料品コーナーにも

「双樹」の店舗があります。

そして最後が近畿だけではなく
関東にも一店舗だけあるのです。

神奈川県の横浜市都筑区中川中央にある

「都筑阪急」です。

「モザイクモール港北」という

総合ショッピングモールの
地下1Fにあります。

関東で唯一の「双樹」なので

近畿以外で「出し巻たまごサンド」を
食べたい時は「モザイクモール港北」に
行くしかないですね!

まとめ

migisita

出し巻たまごサンドが人気の「双樹」で
サンドイッチを買うには、

ランチの時間帯に買いに行かないと
売り切れることが多いので注意です!

販売場所もちょこちょこ増えているので
梅田まで買いに来るのが遠い場合は、

近場の阪急百貨店を探してみてください。

「梅田の阪急うめだ本店」
「豊中の千里阪急」
「宝塚の宝塚阪急」
「横浜の都筑阪急」

この4カ所で販売していますので
ぶらっとお出かけする際は
是非食べてみてください!

ちなみに、甘い玉子焼きではないですよ!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お出かけスポット関西「あるく子」 , 2017 All Rights Reserved.