旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

美観地区なら小豆島ラーメンがおすすめ!倉敷のヒシオそばとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

岡山からみて南東にある「小豆島」は
手延べそうめんが有名な、

香川県の島ですね!

しかし、小豆島ラーメンは岡山を中心に
展開している店です!

なんだかちょっと胡散臭くなったところで
小豆島ラーメンについて

ご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

小豆島ラーメン

“小豆島(しょうどしま)”と
名前がついているラーメンですが、

初の店舗は岡山で開業していて
店舗も岡山に多数あるラーメン屋です。

二店舗目は小豆島海辺にある
「エンジェルロード」という

観光スポットの近くで店が
オープンしましたが、本店ではないのです!

じゃあなんで小豆島?

というお話ですが、

それは小豆島ラーメンの素材の元が
小豆島の名産品で作られているからです!

そんな小豆島ラーメンですが
今回は岡山で数店舗あるなかで、

倉敷市の美観地区の店舗

「小豆島ラーメンHISHIO」に行ってきます。

醤(ひしお)そば

migisita

小豆島ラーメンの看板ラーメンが
この「醤そば」になります。

小豆島で作られた「醤油」と島の漁場で
水揚げされる「カタクチイワシ」を使って
作られたスープは、独特の味を出しています。

王道なラーメンのスープではなく、

煮干し!!というスープの味なので、

魚介スープがすきな方には
おすすめのラーメンですよ!

大阪だと「石田てっぺいラーメン」を
思い出すようなスープの味でした。

小豆島ラーメンの限定メニュー

migisita

倉敷のラーメン屋では他店で販売していない
美観地区の限定ラーメンがあります。

それが「白壁そば」です。

こちらのラーメンは
「カタクチイワシ」ではなく、

瀬戸内海でとれる「サワラ」から
出汁をとっている「サワラ」ラーメンです。

トッピングには大根おろしや
炙り「サワラ」がのっています。

美観地区限定販売で
一日の販売数量も限定なので、

気になった場合は早めに食べないと
完売して食べられなくなるのでご注意です!

スポンサーリンク

小豆島ラーメンHISIOの替え玉

小豆島ラーメンの店では替え玉は
“心ゆくまで”というコンセプトで
提供されています。

なんのこっちゃ?と思うかもしれませんが、

スープがなくなるまで「無料」で
心ゆくまで替え玉が食べられるのです!

もちろん替え玉を頂きましたが
1回でお腹はいっぱいになりました。

醤そばの麺は細麺ではなく
手打ちで作られた「中太麺」なので、

1玉でも決行お腹が膨れますよ!

小豆島ラーメンの営業時間

◆倉敷美観地区の店舗
〇休業日 :月曜日
〇営業時間:11:00〜19:00

小豆島ラーメン倉敷のカウンター席

migisita
美観地区店では横一列に
カウンター席が並んでいる
ちょっと狭い店なのですが、

このカウンター席全部が
ジーンズを履いています!(゚△゚;)

何でジーンズ?と思うかもしれませんが、

岡山県の倉敷市にある「児島」周辺は
国産ジーンズ発祥の地なので、

ジーンズの聖地と呼ばれているんですね!

同じ倉敷市ということで、美観地区でも
ジーンズを店内のデザインに
盛り込んでいるわけですね!

美観地区周辺はジーンズを扱う店も多いので
そういった歴史も踏まえて観光してみると
より楽しめますよ!

小豆島ラーメンのまとめ

migisita

倉敷美観地区店では
基本メニューはもちろんですが、

限定メニューもあるので
何度か食べにいきたいですね!

カウンター席が11席ほどなので
あまり大人数で行くのは難しいですが、

美観地区の観光などで訪れた際に
ささっと食べられる、

岡山名物の小豆島ラーメンを
食べてみるのもおすすめですよ!

岡山観光WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です