旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

能勢のジップラインは能勢町で人気!遊ぶには予約が必要?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

のせのジップラインと言えば
大阪から1時間程度でアクセスできる、

大阪のイメージとかけ離れた大自然の
アスレチック場所ですね!

能勢町の山奥にあるジップラインを
楽しめる場所ということで、

一度行ってきましたので
ご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

のせのジップライン?

ジップラインというのはご存じの通り
一本のロープに滑車をつけて、

あ~~ああ~~~~!

ってやつですね!

このジップラインはのせのアスレチックの
ほんの一部になります。

一部といってもアスレチックでは
メインの部分になるので、

なかなかスリルがあるジップラインですよ!

インストラクターが常についている
予約制のアスレチックなので、

その辺の子供用のアスレチックと違い
大人でもガチで楽しめるジップラインです。

琵琶湖バレーにも大人が楽しめる
アスレチックがありますが、

ジップラインを含め、アスレチックの
クオリティーだけを見ると、

のせのアスレチックのほうが
すごいと言いますか、

人によっては怖いかもしれませんね!

冒険の森inのせのコース

アスレチックのコースは

・チャレンジコース
・アドベンジャーコース

この2つに分かれています。

どちらも命綱をつけて行うレベルの
アスレチックになるので、

ちょっとして遊具感覚で行くと
びっくりするかもしれないですよ!

チャレンジコースは
全23種のアスレチックが楽しめて、

アドベンチャーコースは
全58種のアスレチックで遊べます。

そして冒険の森inのせで一番人気の
500mを超える長さのジップラインは、

「アドベンチャーコース」で楽しめますよ!

ちなみに、ジップラインだけ楽しむ
当日受付ではジップラインだけ楽しむ、

お試しジップラインコースを
提供していることもあるので、

ジップラインだけ楽しみたいなら
電話で問い合わせてみるのも
おすすめですよ!

フォレストセグウェイ

ちょっとアスレチックとかジップラインは
苦手という方には、

森の中をのんびり走りぬける
セグウェイに乗ることもできます。

こちらもインストラクターが
基本的な動作などをレクチャーした後、

集団で森の坂道を登っていって
ぐるっと一周してくるコースを走ります。

のんびり森の風に当たりながら
走ることができるので、

がっつりアスレチックで遊ぶのが
苦手な方はおすすめですよ!

もちろんアスレチックとセグウェイの
両方を楽しむセットプランもあるので、

全部楽しみたいのであれば
朝から1日中楽しむこともできますよ!

冒険の森inのせの受付

zyunbityu

こちらが、受付する建物です。

入ってすぐ左側に受付の人がいるので
そこで予約情報を伝えると、

今後の流れを教えてくれますよ!

定員に空きがあれば飛び込みでも
受付をしてもらえますが、

アスレチックもセグウェイも
1日の運用回数が決まっているので、

予約して行くほうがおすすめですよ!

この建物の裏側を少しのぼると
トイレもあるので、

ここが冒険の森inのせの
ベースになる場所ですよ!

スポンサーリンク

のせのジップラインまとめ

国内最大級のアスレチックということで
2016年頃から開始していますが、

まだまだ人は少ない印象なので
大阪から近場で遊ぶなら、

穴場のアスレチック場所ですよ!

近くに老舗の能勢温泉もあるので
連休で遊びに行くなら、

泊まりで行くのもおすすめですよ!

日常生活から少し離れた自然の中で
ストレスを発散してきてくださいね!

大阪の観光ガイドを見る
スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です