和歌山城で紅葉を見るなら西之丸庭園!紅葉渓庭園の紅葉とは?

目安時間:約 6分
スポンサーリンク

城郭内にある江戸初期の「大名庭園」

西之丸庭園(にしのまるていえん)」

和歌山城において西之丸庭園は
お殿様の息抜きの場になっていた場所です。

この西之丸庭園の周辺では
歴史ある建築物が見れるため、

歴史スポットとして和歌山城の中でも、
おすすめ場所ですよ!

またこの場所は紅葉が綺麗な場所なので
合わせて見ていきましょう!

西之丸庭園(紅葉渓庭園)

migisita

国の名勝となっている「西之丸庭園」は
別名で「紅葉渓庭園(もみじだにていえん)」

と呼ばれていて、

秋になると見事な紅葉を
見ることができる人気スポットです。

こういった日本庭園は

「枯山水(かれさんすい)」

という、水を使わずに砂や石を使って
「山水」を表現する庭園が多いですが、

紅葉渓庭園は

「池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)」

という、池の周りを歩いて巡り、
風景を楽しむ方法がとられています。

江戸時代に歩いて楽しむことを
前提に作られた庭園なので、

紅葉の季節は特に風情のある風景を
楽しみながら散歩ができるわけですね!

西之丸庭園の営業時間

◇休業日 12/29~1/3
◇利用時間 9:00~17:00
◆入場 無料

御橋廊下

migisita

二の丸と西の丸を
行き来するために架けられた

「御橋廊下(おはしろうか)」

殿様や奥女中が行き来する際に雨風を避け、
外から姿が見えないように、

屋根と壁が設けられています。

通常は「廊下橋(ろうかばし)」

と呼ばれ、平行な場所に橋を
架けることがほとんどですが、

和歌山城の「御橋廊下」は高低差があり
斜めに橋を架けています。

滑らないよう廊下に
突起がついているのですが、

素足で歩くと、ちょっと痛かったです!

無料で通行できるので、和歌山城観光の際は
是非通ってみてくださいね!

◇休業日 12/29~1/3
◇利用時間 9:00~17:00
◆通行料 無料

紅松庵

「数寄屋造り」という建築方法で
作られたの茶室の

「紅松庵(こうしょうあん)」

スポンサーリンク

今でも利用できる茶室で、

滝の音を聴いたり紅葉渓庭園を眺めながら

抹茶と季節の和菓子を
食べることができますよ!

紅松庵の営業時間

◇休業日 12/29~1/3
◇利用時間 9:00~16:30
◆一服 460円

鳶魚閣

migisita

西之丸庭園内の堀の中に浮かぶ

「鳶魚閣(えんぎょかく)」

今は使われていませんが、
とても風流なたたずまいは
今でも人気があり、

「鳶魚閣」と「御橋廊下」の
両方見えるフォトスポットが
特に人気があります。

西之丸庭園へ行った際は
最高のフォトスポットを
探してみてください(゜o゜)

わかやま歴史館

migisita

お土産屋や観光案内所と
あわせて「歴史展示室」が

設置された小さな博物館です。

和歌山城の天守閣入場する際の
チケット売り場で共通券が買えますよ!

共通券ではなく別途入場料を払う場合は

高校以上:100円
小・中学生:無料

と、とてもリーズナブルなので、
休憩がてら行くのもおすすめですよ!

色々な歴史品や資料を見たり
和歌山城の昔の姿を映像で
見ることができます。

わかやま歴史館の営業時間

◇休業日 12/29~12/31
◇利用時間 9:00~17:00
◆高校生以上 100円
◆小・中学生 無料

まとめ

migisita

「西之丸庭園」は季節によっても
見え方が変わるため、

色々な季節に見に行ってみたいですね!

特に「紅葉渓庭園」と呼ばれるぐらいなので、
紅葉の時期には是非見ておきたい場所です!

和歌山城の「動物園」「天守閣」
「紅葉渓庭園」とお伝えしてきましたが、

なんだかんだで丸一日
楽しめる観光場所だったので、
結構おすすめですよ!

和歌山城や公園内で定期的にイベントも
行われているので、

気に入ったイベント時にいくのもよさそうです。

「全肉祭」や
「和歌山城で天体観測」
「忍び大集合」など

結構イベント事も多いので
観光前には公式サイトを
チェックですね!(゜-゜)

スポンサーリンク

※関連記事※

タグ: 

カテゴリ:和歌山城公園  [コメント:0]

和歌山城の天守閣は白?和歌山城公園の見どころとは?

目安時間:約 7分
スポンサーリンク

虎伏山(とらふすやま)の西峰に
連立式の天守、

東峰に本丸御殿が建っていた

和歌山城(わかやまじょう)」

山上の御殿は手狭で不便なため
江戸時代の初期には天守閣ではなく

二の丸へ生活拠点を移動して
住んでいたようです。

そんな「二の丸」も今では
からっぽの公園になっていますが、

「西之丸庭園」には
歴史ある建物が残っていたり、

二度にわたり焼失した「天守閣」も
今では再建され、昔とほぼ同じ姿の

「白壁の白亜の天守」を

見ることができます。

ということで今回は和歌山城の
「白亜の天守閣」と、

和歌山城の敷地内にある
和歌山城公園に何があるのか?

順番に見ていきましょう!

和歌山城の天守閣

migisita

和歌山城の天守閣は
三層の大天守から時計周りに

天守二之御門「楠門(くすのきもん)」
⇒二之御門櫓(にのごもんやぐら)
⇒多門(たもん)
⇒乾櫓(いぬいやぐら)
⇒多門(たもん)
⇒御台所(みだいどころ)
⇒小天守(しょうてんしゅ)

と続く「連立式天守」です。

この建て方は

「姫路城」「松山城」

とならんで、

「日本三大連立式平山城」

の一つに数えられている
珍しい建築物になっています。

ただ、天守閣の中については

「姫路城」のように城内の作りが
昔の姿のまま残っているわけではなく、

「大阪城」のような
歴史博物館になっています。

ちなみに大天守の三階は
展望台になっているので、

和歌山城周辺の景色が360度見渡せるという
和歌山の絶景スポットになっていますよ!

和歌山城公園

「二の丸広場」
「西の丸広場」
「西之丸庭園」
「砂の丸広場」
「南の丸跡」
「天守閣」

など、元々は和歌山城の一部だった場所が
今では色々な姿に変わって残されています。

また「おもてなし忍者」や
「和歌山城公園イベント」など

色々なイベントが行われていて
なかなか活気のあるお城ですよ!

それではさっそく「大手門」から
和歌山城公園内へ入っていきます。

大手門

migisita

大手門(追手門)は城の内部に入る
正面の門のことですね!

昔は南側にある「岡口門」が
追手門になっていましたが、

1600年「関ケ原の戦い」の後に
大規模な修築を行いました。

その際に城の北東部にある
この場所に橋をかけて門をつけ
「大手」としたのです。

こうして今では

「一の橋と大手門」

と呼ばれ、和歌山城の
入口となっているわけですね!

一の橋の樟樹

migisita

大手門から入るとすぐ右側が
石垣になっていて、

その石垣を見上げると幹周り7m、樹高25mの
大きな「クスノキ」が生えています。

このクスノキは天然記念物となっていて
県指定の文化財として

「一の橋の樟樹」
(いちのはしのくすのき)

と呼ばれています。

スポンサーリンク

和歌山大空襲の際に
天守閣は消失しましたが、

このクスノキはなんとか生き残り
今でも立派な大樹を見ることができます。

なんだかパワースポット的な
イメージの場所ですね!

伏虎像

migisita

江戸時代の和歌山城は別名で、

「虎伏山竹垣城」
(とらふすやまたけがきじょう)

と呼ばれていました。

その理由が、海上から和歌山城の
建っている山を見ると、

猛虎が伏している姿に
似ていたためと言われています。

これにちなんでこの場所には
「伏虎像」があるわけですね!

現在でも「虎伏城」や「伏虎城」と
呼ばれることがあるそうですよ!

銀明水

migisita

この井戸は日常用水として
使われていたほか、

戦で籠城(ろうじょう)する際の
非常用水として利用していました。

今は使用されていませんが、
何かがひょっこり出てきそうな
井戸ですね!(゜_゜)

和歌山城の鐘

お城の鐘は毎日

7時・9時・12時
15時・17時・21時

の6回鳴ります。

その時に流れる曲が

「まりと殿さま」という曲です。

「西條八十(さいじょうやそ)」

という方が作詞し

「中山晋平(なかやましんぺい)」

という方が作曲して
作られた童謡曲になります。

まりと殿様の歌碑

migisita

~てんてん手鞠は 殿様に
 だかれてはるばる 旅をして
 紀州はよい国 ひのひかり

 山のみかんに なったげな
 あかいみかんに なったげな~

童謡で流れている曲なので
聴いたことがある方も
いるかもしれませんね!

和歌山城の料金と営業時間

◇休業日 12/29~12/31
◇利用時間 9:00~17:00
※特別期間:7/20~8/31 9:00〜19:30
◆入場料
◆高校生以上 410円
◆小・中学生 200円

まとめ

migisita

戦争や災害で焼失したり、
移築して建物が運ばれたりと

当時の建築物はあまりありませんでしたが、

博物館には鉄砲・刀・鎧、文書や小道具など
様々な文化財が展示されているので、

一度は見ておいても損はないと思いますよ!

さてさて次回は続きになりますが、

「和歌山城公園」の歴史ある建築物や
昔の面影が残っている

「西之丸庭園」について

お伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

※関連記事※

タグ: 

カテゴリ:和歌山城公園  [コメント:0]

和歌山城公園の動物園はおすすめ?無料で見れるお城の動物とは?

目安時間:約 6分
スポンサーリンク

元々は和歌山城の二の丸に

「藩の行事の場である表」
「殿様の公邸である中奥」
「奥女中の生活の場である大奥」

などが建てられていた

和歌山城公園

今ではその場所に当時の面影が
ほとんどなく、

ただの広場になっています。

少し残念に思いながら
和歌山城公園を歩き周っていると、

天守閣の南側になぜか
動物園があったので、

今回は和歌山城公園にある動物園について
お伝えしていこうと思います!

和歌山城公園の動物園

動物園は

「童話園(どうわえん)」
「水禽園(すいきんえん)」

の二つに分かれていて、

童話園には主に哺乳類が、
水禽園には鳥類が飼育されていました。

無料で入れる動物園なので、

子供と散歩されている方が
多い場所でしたよ!(゜o゜)

何で城の敷地に動物園が?

と、よくよく考えてみたら

そういえば姫路城にも
動物園がありました・・(゚△゚;)

お城と動物園の歴史について
ほんのり興味がわきましたが、

それは一旦置いときまして
こちらの和歌山城公園の動物園には

看板娘の

「ベニーちゃん(ツキノワグマ)」

がいるそうなので、

さっそく見に行ってみました。

童話園

「童話園」では20種類の動物たちを
見ることができます。

無料で楽しめる動物園とか
すごいですね!(゜□゜;)

さらっと一覧にするとこれだけいました。

ツキノワグマ ヤギ
シェトランドポニー ミニホース
エミュー フンボルトペンギン
インドクジャク カイウサギ
ヨザル リスザル
アメリカビーバー ホンシュウジカ
マーラ ヒツジ
タイハクオウム ワシミミズク
インコ ミーアキャット
キンケイ ギンケイ

こんな感じで結構な種類の
動物たちがいるので、

観光にきた際には
おすすめのスポットですね!

ツキノワグマ

migisita

胸の三日月模様がトレードマークの

「ベニーちゃん」

和歌山城動物園で一番の人気者だそうです。

平成6年の4月からここにいるそうなので、
24年くらいいることになりますね!

野生のツキノワグマは
平均寿命が24年ほどなので、

もうかなりの歳ですね(゜-゜;)

飼育されている場合の寿命は
30年ほどということでしたが、

興味があれば早めに見に行くのが
よさそうですよ!(゜o゜)

マーラ

migisita

ウサギとハムスターを足したような見た目の

「マーラ」

モルモットの仲間ですが、
カンガルーの仲間っぽいですね!

もそっとした見た目によらず
動きは素早いです。

フンボルトペンギン

migisita

ペンギンは人の体温でも
火傷をしてしまうという話があるので、

ペンギンまでいたのには
ちょっと驚きましたが、

「フンボルトペンギン」は

南アメリカの沿岸地域に
生息しているペンギンなので、

暑さにはとても強いそうです。

スポンサーリンク

和歌山城動物園に行ったときには
夕方ごろだったので、

寝ているのか起きているのか
よくわかりませんでしたが、

やる気のないペンギン顔が
ちょっと気に入りました。

水禽園

migisita

童話園のすぐ隣にある

「水禽園(すいきんえん)」

鳥ばかりが集まっている動物園です。

一覧にすると

カモ コブハクチョウ
ヨーロッパフラミンゴ オオツル
モモイロペリカン フンボルトペンギン
バリケン アヒル
ウミネコ オシドリ

こんな感じです。

鳥が外に逃げないように
網をはっているのですが、

スズメがその網目から侵入して
鳥のエサを食べていたので、

スズメも飼育されているような
場所でした。(゚△゚;)

和歌山城公園動物園の営業時間

無料の動物園ですが、朝から夕方まで
いつでも見に行くことができます。

ちょっと散歩がてら見に行ったり
子供を連れて行くにはおすすめですよ!

◇営業日 年中無休
◇開園時間 9:00~17:00
◆入園料 無料

まとめ

migisita

和歌山城の観光にきたつもりが
動物園観光になっていました!

これはこれで楽しめたので
問題なしですよね!(゜.゜)

もちろん和歌山城や歴史館も
ばっちり観光してきたので、

次回は天守や歴史館について
ご紹介いたします!

スポンサーリンク

※関連記事※

和歌山城の駐車場はどこがおすすめ?無料の駐車場はある?

目安時間:約 7分

羽柴秀吉が、弟の秀長に命じて

「虎伏山(とらふすやま)」に

城を築かせたことから始まった

和歌山城(わかやまじょう)」

1846年の落雷で焼失
1935年の和歌山大空襲で再度焼失と

2度にわたって天守が焼失していますが、

戦後に再建されて今では「大阪城」のような
歴史博物館となっています。

そんな「和歌山城」ですが、
和歌山観光に来たら、

一度は見ておきたいところです。

そこで気になるのが
毎度おなじみの「駐車場
ですよね!(゜-゜;)

今回も和歌山城の周辺を
ぐるぐる回って探しましたが、

無料駐車場はありませんでしたorz

「和歌山城」
「わかやま歴史館」
「城内の動物園」
「ランチに和歌山ラーメン」

などなど、色々予定した場所を
観光すると30分や1時間で
済むわけがありません!

というわけで「和歌山城」周辺の
駐車場がどうなっているのか?

さっそく見ていきたいと
思います!(゜o゜)

スポンサーリンク

和歌山城周辺の駐車場

さすが和歌山の観光スポットで
取り上げられるだけあって、

駐車場はたくさんありました。

ただやっぱりどこもそれなりのお値段・・

上限無しとかあたりまえ!

和歌山城から近い駐車場で
一番安い場所だと、

「一日最大800円」

となっていました。

それでは順番に見ていきましょう!

駐車場予約

まずは駐車場予約のチェックですね!

最近は空車があるかどうか現地へ行かないと
わからない!という時代は終わり、

駐車場を簡単に予約できる時代になりました。

しかもその辺のコインパーキングより
安い駐車場もあったりします。

1日最大800円のコインパーキングしかない
エリアであっても、

半額の1日400円程度の駐車場が
あったりするので、

試したことが無い方は必見ですよ!

和歌山公園駐車場

和歌山城の南側にある
城から一番近い駐車場です。

"和歌山城にだけ"行くのであれば、

2時間もかからないため
こちらの駐車場がおすすめです。

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 58台
◆全日
△200円/時間 ※1時間以上2時間までは350円
△最大料金無し

和歌山城南側の「三年坂通り」から
左折でのみで入れる駐車場です。

スポンサーリンク

ちなみにこの「和歌山公園駐車場」は

左右に伸びる「三年坂通り」を左折でしか
入場できないので注意してくださいね!

東側から右折しようとしたら、信号機の横に
「右折・左折禁止」の標識があったので、

右折禁止ですよ!

和歌山市立中央駐車場

和歌山城の北側にある駐車場になります。

和歌山市役所の隣にあり、
収容台数の多い「立体駐車場」です。

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 564台
◆平日 160円/30分 ※最初の1時間160円
◆土日祝 160円/時間
△8:30~21:00まで最大800円

近さと値段が無難な駐車場ですね!

長時間滞在するなら
上限がある駐車場が良いですが
値段が無難な感じなので、

混雑な時期に他の駐車場に
止めれなかった場合のおさえですね!

タイムズ追廻門前

和歌山城の西側にあるタイムズの駐車場です。

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 16台
◆全日
△8:00~20:00 〇20:00~8:00
△200円/時間 〇100円/時間
※24時間最大600円

近さと安さが程よいおすすめの駐車場です。

北新つたパーキング

和歌山城まで徒歩12分程度と
すこし距離のある駐車場ですが、

最安で全日の駐車料金が
1日最大400円です。

平日・土日祝の
指定がないのが良いですね!

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 12台
◆全日
△8:00~17:00 〇17:00~2:00 □2:00~8:00
△100円/時間 〇100円/30分 □100円/3時間
※24時間最大400円

まとめ

migisita

和歌山城周辺には無料の
駐車場はありませんでしたが、

比較的安めの駐車場は
探せば見つかりました。

近さを取るか、安さを取るかは
その時々になりますが、

観光地なので、和歌山ラーメンなどの
名物ランチを食べていたら、

一時間ぐらいあっという間に
過ぎてしまいますよね!

そうなると最大料金が安い駐車場のほうが
おすすめなので、

安い駐車場を参考にして
見て頂ければと思います!

ちなみに和歌山ラーメン屋は和歌山城の
北側に店舗が多かったですよ!(゜-゜)

スポンサーリンク

※関連記事※

スポンサーリンク
お出かけ前に駐車場予約!
駐車場予約
人気記事
カテゴリー
アルクス
アルクス

はじめまして!
「おでかけ、あるく子」こと
アルクスと申します!

土日は毎週何してますか?
当サイトでは日帰りや1泊2日で行く
「国内旅行」先や、
実際に行ってみた旅行先のプランを
ご紹介しています!

快適な旅行で限られた時間を
楽しくすごしましょう!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

ページの先頭へ