旅行先の「見て・遊んで・食べる」観光情報をお届け!

上方温泉一休のクーポンや割引は?料金はいくら?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今回行ってきた日帰り温泉は
前から気になっていた、

変なところにあるというと失礼ですが

「え、こんなところに温泉が!?」

という場所にある京都の秘湯です。

今回は京都の伏見稲荷を観光した帰りに
立ち寄ってきた、

「一休(いっきゅう)」

という温泉についてご紹介致します!

スポンサーリンク

上方温泉一休のクーポンや割引

今回利用した割引方法は
asoviewの割引サイトです。

「フェイスブック」
「ツイッター」
「ヤフーアカウント」

の、どれかを持っていれば
お手軽にスマホで割引チケットが
購入できますよ!

これで大人一人が300円ほど
割引されるので結構大きいです!

上方温泉一休へ行く際は
是非利用してください。

もちろん、アカウントは無料で簡単に
作れるので、まだ持っていなくても、
大丈夫ですよ!(゜o゜)

注意点として、スマホで開いたときに
購入ボタンが表示されないことがあるため、

そんな時は「デスクトップ表示」や
「PC版サイトを表示」に切り替えると、

改善されることがありますので
確認してみてくださいね!

上方温泉一休の割引を見る

上方温泉一休

京都で温泉!といっても
有名な温泉地はたくさんあります。

その中でも良く聞く場所といえば

「嵐山温泉」や「天橋立温泉」に
「くらま温泉」「るり渓温泉」などが

有名なところですね!

地名が付いている温泉はもちろん
有名な温泉ではありますが、

この他にも良い温泉はたくさんあるのです。

そしてそんな中でもおすすめの温泉が

「〒610-0113 京都府城陽市中芦原25−2」

こちらの「上方温泉一休」というわけですね!

京都でも山々に囲まれた場所で
「和」をイメージされて作られている

「一休」の温泉は、

露天風呂にも「松」といった原生林が
そのままの姿で残されているので、

自然の中で露天風呂に入っているような
感覚を味わうことができます。

まさに秘湯のイメージを再現したような
温泉というわけですね!

この自然の中にある露天風呂は
「松」と「滝」の二つがあり、

期間によって男女の入浴場所が
入れ替わる仕様になっています。

ですので、一度行っただけでは
全部楽しめない露天風呂というわけですね!

また、温泉以外にも休憩場所や
レストランなどもあるので、

ご飯を食べたりくつろいだり
ゆったり過ごせる場所になっていますよ!

一休の駐車場

zyunbityu

上方温泉一休がある場所は
山間の場所になるため、

基本的には車でのアクセスになります。

それなりの坂道を登ることになりますが
自転車やバイクの駐輪場もありますよ!

営業時間
駐車台数 150台
料金 無料

上方温泉一休の料金と営業時間

営業時間 10:00~0:00
休館日 第二火曜日
利用料金
大人 1234円
小人 617円
岩盤浴 822円

「あるく子」の感想を一言でまとめると

「高!!」です。

たしかに一般的な温泉よりも

「ワンランク質の良い温泉」

というイメージがある一休ですが、
これだと一般人の「あるく子」は行きません!

ですので今回は
asoviewの割引サイトを使って
上方温泉に行ってきたわけですね!

上方温泉一休の割引一覧

一休自慢の松泉乃湯とは?

松泉乃湯は別名「美人の湯」とも呼ばれ、
女性には大人気の温泉です。

各地に美人の湯と呼ばれる温泉が
点在していますが、

温泉の泉質がアルカリ性のもので
アルカリ性の度合いが強いものが、

「美人の湯」「美肌の湯」

と呼ばれています。

よく温泉の表記で「ph ○○」と
表記されている数値で、

アルカリ性の度合いが分かりますよ!

表にするとこんな感じです。

●3⇒酸性
●3〜6未満⇒弱酸性
●6以上〜7.5未満⇒中性
●7.5以上〜8.5未満⇒弱アルカリ性
●8.5以上⇒アルカリ性

上方温泉一休のph値は

「9.42」となっていますので、

中々のアルカリ性度合いですね!

「松泉乃湯」が美人の湯と言われるのは
このph値が高いからというわけです。

スポンサーリンク

まとめ


出典:上方温泉一休公式ページより引用

上方温泉一休は自然の中に作られた
温泉浴場となっているので、

その辺の街中にあるスーパー銭湯とは
一味違った高級温泉でした。

ただ利用料金も高級価格なので
一休に行こうと思った時は、

asoviewの割引サイトから

割引された電子チケットを
購入して行くのがおすすめですよ!

京都で観光する際や、
ちょっと高級な温泉に行きたい場合は

是非「上方温泉の一休」へ
行ってみてくださいね!

京都観光WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です