明石で温泉に入るなら龍の湯がおすすめ?温泉から見るイルミネーションとは?

目安時間:約 8分

「明石公園」や「魚の棚」など
地元住民に親しまれている、

ちょっとした観光スポットも多い

「兵庫県の明石市」

一般的には「明石焼き」などの
出汁につけて食べるたこ焼きが
有名ですよね!

今回はそんな明石市で温泉といえば
どこがおすすめ??

という内容をご紹介していきます!

スポンサーリンク

明石市周辺の温泉

明石で温泉?と言われても
全然ピンと来ないかと思いますが、

明石市や須磨の海辺には
幾つかの温泉施設があるのです。

地元住民の人気はもちろんのことですが
大阪や京都方面などの東側から、

姫路城や姫路セントラルパークで有名な
姫路市に遊びに行ったり、

岡山方面に遊びに行く際には
帰り道に立ち寄れる温泉スポットとして
中々おすすめの場所なんですよ!

そして今回は温泉施設の中でも
おすすめの場所をご紹介いたします。

龍の湯(たつのゆ)

明石海峡大橋が見える

「大蔵海岸」沿いの海辺にある

天然温泉施設の「龍の湯」

温泉だけでなく休憩場所の設備が
しっかりしているので、

長時間滞在するにも良い場所です。

今回はそんな「龍の湯」の設備や
露天風呂から見える景色について
お伝えしていきたいと思います!

駐車料金

まずは「龍の湯」の駐車料金ですが、

「龍の湯」の利用者は駐車料金が
5時間無料となっています。

温泉にゆっくりと入浴後してから
リラクゼーションルームでのんびりしても、

全然時間はありあまってしまうので
私は駐車料金を払ったことがありません。

さらに、龍の湯のレストランで食事をすると
2時間無料時間が延長になるので、

普通に「龍の湯」を利用する分には
駐車料金はかかりませんよ!

入浴料金と営業時間

〇定休日 :奇数月の第3火曜日
〇営業時間
 平日 :9:00-26:00
 土日祝:7:00-26:00
 (最終受付:25:30)
〇入浴料金
(平日と土日祝の午前中)
 中学生以上:600円
 小学生  :310円
 3才以上  :110円

(土日祝の午後)
 中学生以上:680円
 小学生  :360円
 3才以上  :160円

常連の方は土日祝も使える
10枚つづりの回数券が、

5400円で販売しているので
一回540円で入れるので、

良く行く方は回数券がお得ですね!

旅行帰りに立ち寄る場合でも
有名な「水春」などの温泉は、

通常800円ほどの料金なので
土日に行っても「龍の湯」のほうが
断然安くで温泉に入れますよ!

龍の湯の設備

龍の湯は入館時に券売機でチケットを
購入する方式となっています。

券売機でタオルのレンタル
チケットも購入できますが、

もちろん有料なので
持参するのがおすすめです!

シャンプー、コンディショナー、
ボディーソープは備え付けです。

下駄箱と脱衣所のロッカーは
100円返却式のロッカーなので、

男女別れて入浴するときには
小銭に注意が必要ですね!

お風呂の種類

migisita

内風呂

〇気泡風呂
〇寝ころびの湯(ジャグジー付き)
〇電気風呂
〇すわり湯(ジャグジー付き)
〇水風呂
〇サウナ

露天風呂

〇展望風呂「龍の台」

龍の湯で一番メインの褐色の天然温泉です。

少し高い位置にあるため
お風呂から明石海峡大橋が見えますよ!

夜に入ると明石海峡大橋が輝いていて
イルミネーションを見ることができるので、

夜に行った際は是非みてくださいね!

ちなみに明石海峡大橋は男風呂からも
女風呂からも見ることができます。

〇露天岩風呂
日替わりで色々な香りが楽しめるお風呂です。

リンゴの香りの日に入浴しましたが、
ほんのりリンゴの香り?

がしていた気がします(゜-゜;)

日で変わるので、別日に行っても
また楽しめるお風呂です。

〇ひのき風呂
ひのきの香りがする
屋根付きの露天風呂です。

和の香りがする安心の
ベストセラー風呂ですね!

〇石釜風呂
一人用の石臼みたいな
お風呂が二つあります。

両手、両足をひっかけて
空を眺めることができます。

が、急に立ち上がると立ち眩むので
注意してくださいね!(゜□゜;)

〇畳休憩所
熱くなった体を冷ます休憩所です。

うっかり寝てしまうと
風邪をひくので注意です。

リラックスルーム

migisita

龍の湯の館内2Fにはテレビ付きの
リクライニングチェアが24席と、

畳スペースがあります。

漫画や雑誌も中々の数があるので、
のんびりとくつろげます。

有料のマッサージ器もあるので
肩コリなどあればおすすめです。

岩盤浴

入浴とセット料金1200円で
入れる岩盤浴です。

場所は館内2Fにあがって
突き当たりの右にあります。

タイムスケジュールがあり、
一日に16~18回と入場回数が決まっていて、

来店してからの予約制になっています。

7:30~8:20 10分休み
8:30~9:20 といったように

〇時30分から50分入り
10分後からまた50分という繰り返しです。

最後の入場時間は

「24:30~25:20」

になります。

男女一緒に入れるので
カップルに人気ですね!

スポンサーリンク

龍の湯の周辺スポット

天然温泉「龍の湯」のすぐ裏は
明石海峡に面しているので、

釣りスポットとしても有名な場所です。

また海岸沿いは街のイルミネーションと
明石海峡大橋のイルミネーションが輝き、

のんびりとお散歩できる
デートスポットにもなっていますよ!

温泉に入る前に少し散歩して
周辺の景色を楽しむのもおすすめです。

まとめ

migisita

「露天風呂温泉」と「お食事床」
「リラックスルーム」「岩盤浴」など

くつろげる設備が満載の「龍の湯」でした。

地元民にも大人気の温泉なので、
お出かけ時に大蔵海岸周辺を通る際は
是非立ち寄ってみてください!

駐車料金も入浴料で5時間無料なので、
ほとんど無料のようなものです。(゚△゚;)

ちょっと良い設備がある天然温泉だと
800円~というところがおおいなか、

入力用が600円台なので、
料金的にもリーズナブルな温泉ですよ!

スポンサーリンク

※関連記事※

明石公園の駐車場は無料?おすすめの駐車場は?

目安時間:約 12分

兵庫県明石市にある「JR明石駅」からみて、

すぐ北側に「明石公園

という大きな公園があります。

色々なイベントも定期的に
行っている公園なので、

イベント時にだけ行かれる方も多い場所です。

JR明石駅のすぐ近くなので、
電車を使う方は特に不便ではないですが、

車の方は駐車場料金が気になりますよね?

今回は実際に明石公園へ行って知った
明石公園で提供している駐車場と、

本当に安い料金の駐車場情報、

そして周辺の駐車場で注意する点を
お伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

明石公園の駐車場

明石公園の周辺には「明石駅」が近いため
無料の駐車場はありませんでした。

ですが、安い駐車場は結構あったので
注意点と合わせてお伝えしていきます!

明石公園協会駐車場(P1)

migisita

◇営業時間 7:00~23:00
◇駐車スペース 366台
◆全日 ◆200円/時間
△平日最大600円 〇土日祝最大800円

明石公園の南西側にある駐車場です。

当日の最大料金は
周辺の駐車場と比べて比較すると

平日は安めですが
休日は少し高めなので、

短時間利用の方に
おすすめの駐車場です。

「明石城跡」や「明石城武蔵の庭園」
「明石トーカロ球場」「アサダスタジアム」
「西芝生広場」などが近い駐車場です。

県営駐車場(P2)

migisita

◇営業時間 7:30~21:00
◇駐車スペース 134台
◆全日
△30分以内 △無料
〇5時間まで 〇500円 以降100円/時間
※最大料金1000円

明石公園の北東側にある駐車場です。

当日の最大料金は高めですが、
5時間までの料金が安いのと、

土日祝の料金も同じなので
一日中ゆっくりとすごす目的でなければ
おすすめの駐車場です。

「自転車競技場」や「ボート乗り場」
「テニスコート」や「子どもの村」などが
近い駐車場となります。

一見安い駐車場の注意点

JR明石駅周辺にはタイムズの駐車場が
多くありますが、どこも時間毎の料金が
20分毎200円で最大料金も1000円以上!

という場所が多く、最大料金が700円と
少し休めの場所は駐車台数が7台程度と

すぐに満車になりそうな
ところばかりでした。

そんな駐車場の中で
注意して頂きたいのが
ぱっと見は安い駐車場です。

一見安い駐車場の注意点その1

悪質とまでは言いませんが、

「最大料金500円!」といった

安い料金がでかでかと記載している
看板がたっていたりする駐車場が
あります。

しかし、よく見てみると
小さく(ただし平日のみ)と書かれて
いたりするのでご注意ください。

土日は上限が無しになっている駐車場も
多々見受けられました。

一見安い駐車場の注意点その2

次に気を付けて頂きたいのが、
時間で最大料金が変わる駐車場です。

◇100円/15分!
◇18時までは最大1000円!
◇18時以降翌朝6時までは800円!

となっている駐車場があったりします。

これはどういうことかと言いますと、
18時迄は1000円以上課金されないのですが

18時を超えると再度時間毎の課金が
開始されるという仕組みになっています。

入庫から24時間計算される駐車場と
こういった時間単位で区切られている
駐車場があるのでご注意ください。

上記の場合ですと、15時に入庫して
19時45分以降に出庫する場合、

駐車料金が1800円になります。

駐車時間は4時間46分なのに
1800円かかるのであれば、

明石公園の県営駐車場が
5時間以内は500円なので
はるかに安いです。

スポンサーリンク

安い駐車場

タイムズ明石鷹匠町

migisita

すぐに埋まってしまいそうですが
一応お伝えしておきたい、

最大料金が安めの駐車場がこちらの
タイムズ明石鷹匠町です。

出来たときは最大800円でしたが、

明石公園の料金が改定されてから
タイムズの料金も改定されています。

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 7台
◆全日
△8:00~20:00 △200円/時間
〇20:00~8:00 〇100円/時間
※最大料金700円

入庫から24時間の料金が最大700円で
土日祝も関係なくこの料金なので、

土日祝に7時間以上駐車するのであれば
おすすめの駐車場となります。

場所は明石公園南西側にある
協会駐車場(土日祝最大800円)の入口から

道路を挟んで向かえにあるので、
JR明石駅からも近い駐車場です。

7時間以内であれば、明石公園北側の
県営駐車場と同じ料金なので、

行きたい場所によって駐車するのが
良いかと思います。

タイムズ明石港

値上げされた「タイムズ明石港」です。

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 105台
◆全日
△0:00~24:00 △200円/30分
最大料金500円600円

明石公園までグーグルマップでみると
11分となっています。

少し距離がある駐車場になりますが、
入庫してから24時間の最大料金が

「500円」の駐車場だったので、

2日駐車しっぱなしでも1000円という
リーズナブルな駐車場でした。

しかし!2018年11月頃に見に行ってみたら
最大料金600円に値上がりしていました!

駐車スペースも105台と広いため
広くて安いのが魅力だったのですが、

値上がってしまいました・・

明石公園以外にも明石焼が有名な
「魚の棚商店街」も近いのと、

近くに釣り場が多いため
釣り人には特におすすめしたい
駐車場だったのですが、

こうなった以上は奥の手の駐車場を
紹介するいかありませんね!

三井のリパーク 明石中崎2丁目

タイムズ明石港の地殻にある
三井のリパーク駐車場です。

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 9台
△0:00~24:00 △200円/30分
※最大料金500円

こちらは駐車スペースは少ないものの
今もリーズナブル料金で駐車ができるため、

一番おすすめの駐車場ですよ!

この駐車場のすぐ近くにも同じ料金で
三井リパークの駐車場があるので、

こちらもおすすめです。

「明石中崎2丁目第2」となっていますが

こちらも軽を合わせて合計9台分の
駐車スペースがありますよ!

明石公園周辺のおすすめスポット

子どもの村

明石公園の一番北側にある
子供用の遊具設置場所です。

長い滑り台やキリンのブランコなど
遊具も多いため、家族連れや、

近くの幼稚園などの遠足場所でも
よく使われています。

剛ノ池

アヒルボートに乗れる池です。

家族連れやデートスポットにも
お勧めの場所ですね!

見どころは、池の周りに
桜の木がたくさん植えられているので、

春になると、ボートに乗りながら
花見ができるところです。

明石城跡本丸にある展望台

migisita

夜になると明石駅周辺と、
明石海峡大橋のイルミネーションが
綺麗な展望台です。

日中見るよりはやっぱり
夜景のほうがおすすめなポイントなので
デートスポットに良い場所ですね!

太平の湯

明石公園や魚の棚で楽しんだ後は
近くの温泉で疲れをとって帰宅するのが
おすすめですよ!

明石海峡大橋の近くに「太平のゆ」という

明石海峡大橋と海を望める露天風呂や
レストランがあるくつろぎ施設があるので、
疲れを癒すにはもってこいの場所です。

営業時間

営業時間
平日 10:00~24:00
土日祝 8:00~24:00
休館日 年中無休
入浴料
平日 一般:750円
土日祝 一般:850円

ちなみにasoviewの割引サイトから

手ぶらで行けるタオルセットの券が
割引価格で購入できます。

スマホからでもパソコンからでも
簡単にWEBで事前購入できるので、

温泉に行く前に必ずチェックして
お得に入浴してくださいね!(゜o゜)

「太平のゆ」割引券一覧

まとめ

migisita

明石公園周辺の駐車場は
駅も近いため駐車場は多いですが、

選ぶ駐車場で安い駐車場の
2倍、3倍と料金が変わるので、

車で行く場合は、あらかじめ
駐車する場所を考えていくのが
おすすめですね!

基本的に駐車時間が
長くならないのであれば、

明石公園の駐車場を使うのが
無難な選択になります。

滞在時間が長くなるなら
少し離れた場所の駐車場を
考えてみるのがおすすめですよ!

明石公園をぐるっと一周見て回り、
お腹が減ったら魚の棚商店街で

明石焼や新鮮な海鮮を食べるといった
プランでも半日ほどは楽しめるので、

この週末のお出かけに如何でしょうか!?

スポンサーリンク

※関連記事※

国内旅行を格安で予約!宿泊はどのサイトから?
実際に行った旅行で「見て・遊んで・食べた」観光情報をお届け!

タグ: 

カテゴリ:明石観光  [コメント:0]

魚の棚商店街周辺の無料駐車場は?一番良い駐車場はどこ?

目安時間:約 8分

JR明石駅の近くにある

「魚の棚商店街」

海が近く、明石海峡でとれた
「タコ」をつかった「明石焼き」や

とれたての海産物を販売している
活気のある商店街です。

駅近くにあるため無条件で
無料の駐車場というのはありませんが

安い駐車場はいくつかあるので
今回は「魚の棚」近くの
駐車場を見ていきたいと思います!

遠方からわざわざこの商店街に
来ることは少ないと思いますが、

大蔵海岸周辺で釣りをするときの
周辺スポットであったり、

姫路城や姫路セントラルパークなど
姫路方面へ旅行にいく際の
通り道にある場所としては、

食べ物もおいしいので
ランチにはおすすめの場所ですよ!

スポンサーリンク

魚の棚の提携駐車場とおすすめ駐車場

遠方から来るときに
気になるのが車を止める場所です。

魚の棚商店街の公式HPをみると、

商店街の提携店舗で1000円以上購入すると
駐車場の50円割引チケットを配布している

と記載してありますが、

提携店で購入しないと
割引チケットがもらえないことと、

どの店でいくら分の割引チケットが
もらえるかは提示していません。

絶対に1時間だけしかこの場所にいない!

という場合であれば提携駐車場で
駐車するのも良いですが、

色々な場所を回ってみたい場合や、
のんびりと美味しいものを食べたい場合は、

時間に追われるので
おすすめできないわけです。

また、提携店以外で何かを購入しても
駐車場の割引はないので注意が必要ですよ!

駐車場予約

無料の駐車場がない場所で
最初に確認しておきたいのは、

駐車場予約のチェックですね!

最近は空車があるかどうか現地へ行かないと
わからない!という時代は終わり、

駐車場を簡単に予約できる時代になりました。

しかもその辺のコインパーキングより
安い駐車場もあったりするので、

試したことが無い方は必見ですよ!

明城パーキング

migisita

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 50台
△8:00~22:00 〇22:00~8:00
△300円/時間 〇100円/時間

JR明石駅の南西側にある駐車場です。

50台の駐車スペースで、
駐車場の割引券があれば
そのまま利用が可能です。

ただ割引券を使える時間が

9:00~17:00までという

時間制限ありの駐車場です。

明石駅前立体駐車場

migisita

◇営業時間 6:30~24:30
◇駐車スペース 348台
△6:30~24:30 ※24:30~6:30入出不可
△100円/20分
△最大料金1200円

JR明石駅の北東側にある駐車場です。

348台駐車できる立体駐車場ですが、
駅のすぐ近くで交通量も多い場所です。

割引チケットを使う場合、
お店で割引チケットをもらった後に
一旦「魚の棚事務所」へ行って

駐車場割引チケットと交換してもらう
必要があります。

妙福パーキング

migisita

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 7台
△0:00~0:00
△200円/30分

魚の棚商店街の南にある
一番近い駐車場です。

台数は7台と駐車スペースは
少ないです。

スポンサーリンク

こちらも、割引チケットを
魚の棚事務所へいってから

駐車場の割引チケットと
交換してもらう必要があります。

東洋カーマックス明石駐車場

migisita

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 76台
△8:00~21:00 〇21:00~8:00
△250円/30分 〇100円/時間
△最大料金2000円 〇最大料金500円

魚の棚商店街の東側にある駐車場です。

ここも割引チケットを
魚の棚事務所で交換してもらいますが、

カーマックス専用サービス券と
交換してもらわないと使えないので、

交換時には注意が必要です。

おすすめの駐車場

明石南公園駐車場

migisita

◇営業時間 7:00~23:00
◇駐車スペース 360台
△7:00~23:00
△200円/時間
△平日最大600円 〇休日最大800円

明石公園の駐車場になりますが
魚の棚商店街まで歩いて5分程度で、

時間毎の料金や最大料金も
安めなのでおすすめです。

タイムズ明石港

migisita

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 105台
△0:00~0:00
△200円/30分
△全日最大500円

魚の棚商店街から少し南側に
錦江橋(きんこうばし)という橋があります。

橋を渡って突き当たりまで行くと
「タイムズ明石港」があるので、

周辺で釣りをするにも便利な駐車場です。

当日最大500円で魚の棚商店街から
歩いて5分程度の距離なので、

明石駅周辺で2時間以上駐車するなら
一番おすすめの駐車場になります。

三井のリパーク明石中崎2丁目

migisita

◇営業時間 24時間
◇駐車スペース 9台
△0:00~0:00
△200円/30分
△全日最大500円

この周辺の駐車場は少し前まで
最大1000円となっていましたが、

「タイムズ明石港」ができてから
最大500円に値下がりしています。

近場に大きくて安い
駐車場ができれば
無理もありませんね(゜-゜;)

まとめ

migisita

魚の棚商店街や明石駅周辺で
のんびり過ごすなら、

「タイムズ明石港」がお勧めです!

お勧めしている駐車場以外にも
一見安そうな駐車場がありますが、

「土日は最大料金適用外」と

小さく記載されているところがあったので
注意したほうがいいですよ!

スポンサーリンク

※関連記事※

魚の棚商店街でランチを食べるなら明石焼きで決まり!

目安時間:約 5分

魚の棚でランチするなら明石焼き

スポンサーリンク

何十年ぶりかに「明石焼き」を
食べようと思い、兵庫県の明石にある
「魚の棚商店街」に行ってきました!

少し南にいくと明石海峡があり
淡路島もすぐ近くに見える場所です。

この明石海峡でとれた
日本一ともいわれる
「明石だこ」を使った
明石焼きに期待が膨らみます。

明石焼き

明石焼きはたこ焼きと違い
基本的にソースではなく
和風の出汁につけて食べます。

紅ショウガや天かすを使うことも少なく
タコと生地、そして焼く人の腕前
といったシンプルな材料で作られます。

ちなみに明石では
「明石焼き」のことを
「玉子焼」と呼ぶので
お店の看板も「明石焼き」とは書かず
「玉子焼」と書かれているところも多いです。

魚の棚商店街

migisita

魚の棚は明石焼きの激戦区なので
明石焼きのお店もたくさんありますが
今回は夕方頃に到着したので
店を締め始めているところも
ちらほらとありました。

そんな中でも開いている明石焼きの
お店は数店舗あったのですが
どこが良いのかわからなかったので、
今回はたまたま見つけた
「とり居」という店で食べてきました。

とり居

migisita

15個550円と看板にかかれていた
明石焼きのお店です。

特にメニューなどもなく
席に座ると1つか2つか聞かれます。

後から入ってきた二人組のお客さんが
1つでと答えていたのですが
1つの場合は外で食べることになるようです。

でも店内には一人で座っている
おっちゃんが明石焼きを食べていたので、
一人で1つだったら店内で食べれるようですね!

独自のルールがあるのだなと
( ̄。 ̄)ホーーと思っていると
出汁が入った瓶と器がおかれ、
それに続いて明石焼きの登場です。

migisita

久々に見たこの感じ・・・
前にどこで食べたのかも
思い出せないぐらい久しぶりですが
何となくこんな感じだったのかなぁと
食べてみましたが、
昔に食べたことのある味でした!(゚△゚;)

出汁とソースがあるので
出汁があきたらソースで
食べることもできますが、
やっぱりソースより
出汁のほうが美味しかったです。

昔はうどん屋をしていたので
出汁が特徴的なお店ですね!

家に帰ってから色々と調べてみると
「とり居」は昔は悪評が多かったようです。

昔に家で作って食べた明石焼きを
思い出す懐かしい味。
といったお店でしたが、
別に悪評がつくような店
というわけではなかったので、
味や作り方にこだわりが
強い方には不評なのかもしれませんね!

営業時間

スポンサーリンク

〇休業日 :木曜日
〇平日 :10:00〜18:00
〇土日祝:10:00〜19:00
(但し、売切れ次第終了)

周辺のおすすめ店

少し調べてみるだけで
お勧めはやっぱりここ!

と評判が良いのが、
「たこ磯」と「ふなまち」です。

「たこ磯」は魚の棚商店街の中にあったので
次回また明石にいく機会があったら
「とり居」とどんな差があるのか
食べてこようとおもいます(゜-゜)

「ふなまち」はふわとろの生地が
特徴的なお店です。

魚の棚商店街から少しはなれた場所に
お店があるので、商店街の中で探しても
見つからないので注意です!

まとめ

migisita

明石焼きを食べるなら
明石だこを使った明石焼きがお勧めです!

魚の棚商店街には明石焼きの店が
たくさんあるので、出汁や具や生地の
特徴でお店を選ぶといいですね!

「とり居」は出汁が特徴的ですが
「たこ磯」は中身がたこではなく
アナゴが入っている明石焼きも
販売しています。
ただちょこっと値段は高めです。

「ふなまち」は魚の棚商店街から
少し離れたところにあります。
(といっても歩いて行ける近さ)
ふわとろの生地とタコのコリコリした
歯ごたえが人気のお店です。

こちらはお好み焼きなど粉物を
販売しているお店になります。

この土日に明石市周辺を通ることがあれば
是非明石焼きを食べてみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

※関連記事※
和歌山観光
兵庫観光に出かけよう!
明石・姫路プラン

スポンサーリンク
お出かけ前に駐車場予約!
駐車場予約
人気記事
カテゴリー
アルクス
アルクス

はじめまして!
「おでかけ、あるく子」こと
アルクスと申します!

土日は毎週何してますか?
当サイトでは日帰りや1泊2日で行く
「国内旅行」先や、
実際に行ってみた旅行先のプランを
ご紹介しています!

快適な旅行で限られた時間を
楽しくすごしましょう!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

ページの先頭へ