日本各地を歩いて観光!実際に体験した情報をお届けします。

カーシェアリングの使い道は?問題点はある?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! WEBガイダーのアルクスです。 実際に行ってみた旅先の情報や、使ってみて良かった予約サイトの情報を ご紹介していますので、参考にしてくださいね!
スポンサーリンク

マイカーのように利用できる
レンタカーとして人気を集める、

「カーシェアリング」

カーシェアリングの
使い道を考える発端となったのは、

マイカーの車検料を支払ったときのことです・・

マイカーの利用頻度を考えると
カーシェアのほうが安いのでは・・

という現実問題のお話です!

今回は、カーシェアリングが
本当に使えるサービスなのか?

問題点は無いのか?という内容を
調べていきたいと思います!

カーシェアリングの使い道

カーシェアはレンタカーと違って
一度会員として登録してしまうと、

レンタルするときに手間をかけずに
利用できることがメリットですが、

実際の使い道を考えてみると
こんな感じです。

・ちょっと車で買い物をしたい
・近場でドライブをしたい
・旅行先で車を利用したい
・色々な車に乗ってみたい

マイカーと比べてみると、

旅行先で車を利用したり
色々な車に乗ってみたい場合は、

カーシェアの使い道として
かなり有用だと思います。

レンタカーでも同じことができますが、

そもそもレンタカーより料金が安く
レンタル手続きが必要ないため、

マイカーとカーシェアで使い道を
考えるほうが良いわけですね!

カーシェアの使い方

カーシェアがマイカーの利用方法と近い
と言われているのは、

もちろん使い方が近いからですね!

レンタカーのように手続きをして
車を借りるという工程が無く、

WEBで予約して勝手に車を借りて
勝手に乗って利用するという、

マイカーのような使い方ができるため
カーシェアはマイカーの利用方法に近いと
言われているわけです。

具体的な使い方の手順は

①WEBで空き時間を予約
②カーシェアの車置場に行く
③スマホや専用カードで車の開錠
④乗り込んだらマイカーと同じ
⑤予約終了時間までに車を返却

車を一度開錠してしまえば
車内に車のカギが設置されているため、

カギを入手したらあとはもう
マイカーと同じという理屈です。

また、カギを入手したらマイカーと
同じように利用できるということは、

カーシェアの車が設置されている場所は
すべて自分の車という考え方もできます。

WEBで予約さえとってしまえば
全国のステーションにある車は、

マイカーのように利用できるわけです。

カーシェアの問題点

カーシェアは提供する会社でも
問題点が大きく違ってきます。

WEBで予約をとってしまえば
全国のステーションにある車を
マイカーのように使えると言っても、

全国のステーションが少なかったり
提供している車が少ない会社だと、

カーシェアの使い道でお話した

「旅行先で車を使う」ことや
「色々な車に乗る」ということが、

できなるので問題点と言えます。

逆に旅行先にカーシェアの
ステーションがあれば、

旅行先に自分の車が設置されていると
考えることもできるので、

電車や飛行機で長距離移動した後に
マイカー感覚で車が利用できるわけです。

こういった理由から契約する
カーシェアの提供会社は、

利用方法に応じてしっかりと
選ぶ必要があるわけですね!

カーシェアはどこがおすすめ?

カーシェアの大手と言えば
「タイムズカーシェア」ですね!

スポンサーリンク

ステーション数がかなり多いため
前述のように旅行先での利用にも
向いていると言えます。

また、ちょっと車で買い物をしたい
という普段使いの場合でも、

家の近所にステーションがあれば
マイカーのような感覚で利用できますが、

ステーションが遠いとその時点で
マイカーのような利用は難しくなります。

基本的なレンタル料金やサポート体制は
大手のカーシェア会社なら、

そこまで大差が無いので、

ステーションの多さによる
車の使い勝手が一番重要な点
と考えられるわけですね!

基本料金としてどの提供会社も
月に1,000円程度の会員料金が必要なので、

ステーションの多さは使い勝手の良さの
第一条件になるわけです。

ここでもう一つの問題点がでてきます。

カーシェア予約の問題点

カーシェアがマイカーと違う問題点として
「予約」することが上位にあげられます。

単純な話で、予約さえしてしまえば
マイカーのように利用できますが、

予約できないと使えないという
問題点ですね!

あらかじめプランを立てた旅行や
ドライブなら、

予約日や予定をしっかり決めるため
大きな問題はないのですが、

ちょっと買い物に行きたい・・
急に車が必要になった・・

という場合の利用用途ですと、

車が使えない・・・

という問題点がでてきます。

カーシェアの利用者側が多くなり
乗るための車が無いという場合は、

致命的な問題になるわけです。

こういったリスクの回避策として
良く利用されているのが、

カーシェアの複数登録です。

通常は会員登録だけでも
毎月の基本料金が1,000円ほど必要ですが、

会員登録が無料で車のレンタル料金のみ
というカーシェア提供会社もあります。

例えば、三井リパーク系列でお馴染みの
「カレコ」であれば、

無料の会員登録ができるため
あらかじめ登録しておくことで、

もしも急に車が必要になった場合に
予約が埋まっている!という状況でも、

リスクを分散することができるわけです。

メインでよく利用するカーシェア会社では
月額料金を支払って利用し、

サブで利用するカーシェア会社は
無料の会員登録をしておくという
リスク分散を行うことで、

よりマイカーに近い利用方法が
実現するわけですね!

カレコは無料会員登録ができるので
カーシェアのお試し利用にもおすすめです。

公式サイトから無料登録ができますよ!

カレコ・カーシェアリングクラブ

カーシェア最大の問題点

カーシェアは基本の人身保険や
ガソリン代もレンタル料金に含まれるため、

ステーションが近場にあれば
大きな問題点は無いように思えますが、

カーシェアを使ってみたなかで
一番心配になったのは、

「車の返却時間」です。

カーシェアは予約で○時○分~○時○分まで
車を利用しますと、

最初に決めてしまうルールなので、

決まっていない空きの時間は
別の人が予約できるわけです。

なので利用の「延長」ができるかは
その時の運次第なのですね!

とはいえ、ドライブなどで
少し遠出して利用する場合に、

渋滞してしまって
不可抗力で返却が遅れる・・・

という場面は必ずでてきます。

ですので、基本的には予約時間を
長めにとっておくことで、

渋滞時のリスクを回避します。

もちろん、返却時間後に別利用者の
予約が無いのであれば、

スマホで簡単に延長できるので
少し追加料金が発生するだけですが、

延長できない場合は速やかに
カーシェアの提供会社に連絡して、

状況を伝える必要がありますよ!

この場合はペナルティーとして
多くの場合は2倍のレンタル料が
発生することになります。

万が一無断で返却が遅れると
メンバー登録の解除や永久追放される
ということもあるので、

もしものときはしっかり連絡が
必要になりますよ!

ちなみに、予約を長めにとっていても
早めに車を返したら、

料金は利用した分だけという
良心的な会社もあるので、

ここもメインで利用する
カーシェア提供会社の選択ポイントですね!

スポンサーリンク

カーシェアの使い道と問題点まとめ

カーシェアは使い道と使い方が
自分の利用方法と一致すれば、

マイカーを持つよりも車検費用や
駐車場料金がかからない分、

総合的に安く車が利用できるので
マイカーを購入する前には、

一度無料会員などで試しておくのが
おすすめですよ!

私のように気合を入れて
新車を購入したものの、

あれ?車の利用頻度を考えたら
レンタルよりマイカーの維持費のほうが
高くない?

ということにならないように
新しい選択肢としてカーシェアを
試してみるのが良いですね!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは! WEBガイダーのアルクスです。 実際に行ってみた旅先の情報や、使ってみて良かった予約サイトの情報を ご紹介していますので、参考にしてくださいね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お出かけスポットあるく子! , 2019 All Rights Reserved.