和歌山の白浜でランチのおすすめと言えば?人気の海鮮ランチとは?

目安時間:約 6分
スポンサーリンク

白浜ランチおすすめといえば
やっぱり、

「南紀白浜のとれとれ市場」ですね!

とれたての海鮮物を販売している

「活魚コーナー」や「鮮魚コーナー」から、

とれたての海鮮物を使って
海鮮丼や刺身、寿司を提供している

「とれとれ市場横丁」など

海鮮物を買ったり食べたりできる店が
たくさんそろっている場所です。

今回は南紀白浜のとれとれ市場で
どんな海鮮ランチがおすすめなのか

見ていきたいと思います!

とれとれ市場のおすすめランチ施設

出典:南紀白浜とれとれ市場公式ページより引用

とれとれ市場では大きく分けて

「物販店舗」と「お食事処」の施設に

わかれています。

物販店舗でおすすめのランチ

migisita

「みかん屋」 とれとれ市場「味処」
磯揚げ天ぷら「まる天」 pizza「サンマルコ」
とれとれソフトクリーム わらび屋

物販店舗の外では、海鮮ランチというより
ファーストフード店が集まった場所ですね!

パラソルや簡易テーブルなどが
設置されているので、

外で一休みすることもできます。

店内では

鮮魚コーナー 活魚コーナー
まぐろコーナー 塩干コーナー
北海道コーナー 活魚イケス

といった、魚市場の区画と

お土産コーナー 地酒コーナー
産地直送ふるさと村 ダイコクドラッグ

などの、お土産コーナーにわかれています。

産地直送のふるさと村コーナーでは
海鮮ではなく、地元農家でとれた

野菜・果物・お米などを
販売しているのですが、

ここで出来立ての「白米」が
販売されているので、

鮮魚コーナーで刺身を購入して、
ふるさと村でご飯を買って食べる
という事もできちゃいます!

おすすめのお食事処

スポンサーリンク
とれとれ横丁 とれとれカフェ
木と水と土と 踊りだこ

「とれとれ横丁」はおなじみですが、

「海鮮丼」「麺類」「お造り惣菜」
「寿司」「海鮮焼」

といった海鮮物を調理して提供する
とれとれ市場の台所ですね!

お造りも、今切った刺身を次々に
お皿に盛っていき、

お客は好きなお皿を取って精算する

「カフェテリア方式」になっているので、

人気のある魚はお昼をすぎると
どんどん無くなっていきます。

この「お造りコーナー」と
「海鮮丼コーナー」は

とれとれ横丁で鉄板の
おすすめランチですね!

8割ぐらいの方は鉄板の
おすすめランチを食べて
お昼を済ませてしまうので、

今回はあえて「とれとれ横丁」ではなく

「鮮魚コーナー」で海鮮物を購入して

ランチにしようと思います!

鮮魚コーナーの海鮮ランチ

migisita

とれとれ市場の鮮魚コーナーでは
季節によって異なりますが、

「活かに」「鮮魚」「お造り」
「あまえび」「とれとれ寿司」「佃煮」

といった海鮮物が並んでいます。

こちらの「お造りコーナー」と
「とれとれ寿司コーナー」では

すぐに食べれるように「お造り」や
「お寿司」が並べられているので、

今回はとれとれ寿司コーナーから
お寿司を選んでランチにします!

また予算に応じて、お造りの「船盛」や
寿司の盛り合わせを注文することも
できるので、好みの盛り合わせで
頼んでみるのも良いですよ!

とれとれ寿司

migisita

こちらが鮮魚コーナーに並んでいた

「とれとれ寿司」です。

大トロも入っているからか
一つ1500円もしました。

味はというと、

普通~・・・ (゜-゜;)

1500円が値段相応かと言われると
少し疑問に思ってしまいますが、

「くら寿司」や「スシロー」が

安くて美味しいだけで、

この値段が普通なのかもしれませんね!
(そう思うことにしました)

とりあえず初めて

「とれとれ市場」に行った際は、

「とれとれ横丁」でランチを食べるのが

おすすめですね!(゜o゜)

まとめ

migisita

白浜のとれとれ市場も色々なコーナーで
海鮮物が売られていますが、

やっぱり鉄板のおすすめランチは

「とれとれ横丁」で海鮮丼やお造りを

食べるのが間違いないですね!

このほかにも、活魚コーナー周辺で

「踊り食い」ができる場所もあるので、

慣れてきたら色々試してみるのも
楽しめる場所ですよ!

スポンサーリンク

姫路とれとれ市場でランチ!海鮮丼のおすすめは?

目安時間:約 5分

みなさまご存じでしたでしょうか?
姫路市にも「とれとれ市場」
があることを(゜-゜;)

今まで紹介してきた

「とれとれ市場」は兵庫県「舞鶴」の
道の駅舞鶴港とれとれセンター

和歌山県「白浜」の
とれとれ市場南紀白浜

その他にも
「和歌山マリーナシティー」の
黒潮市場などもありましたが、

どこもそれなりの規模で、
市場で色々な海産物が売られています。

ですが、姫路にある
「とれとれ市場」は
すごく小さいのです!

しかしランチは・・・(゜□゜;)

というわけでさっそく

「姫路のとれとれ市場」を

見ていきましょう!

スポンサーリンク

JF坊勢姫路とれとれ市場

姫路にある坊勢漁業共同組合が
行っているのが「姫路とれとれ市場」です。

どれぐらい小さいかというと

migisita

これぐらいです。

水槽に海水を入れて
青色のコンテナがポンポンとおいてあり
その中にお魚が"入って"います。

大きな市場というよりも小さめの道の駅
といったところですね!(゜o゜)

ですが!

そんな規模に関係なくここの「海鮮丼」が
他の「とれとれ市場」よりも
ダントツで美味しかったのです(゜-゜;)

とれとれ食堂

migisita

メニューはそんなに多くないですが、
やっぱり初めては「海鮮丼」ですね!

海鮮丼の内容はその時々で
のっているものが違います。

この時の「海鮮丼」に
のっていたのはこちら!

migisita

ひらめ・しまあじ・あまえび
鯛のあぶり・スズキ・イクラ
サーモン・イカでした。

お味噌汁と漬物がセットで
1200円です。

姫路とれとれ市場の海鮮丼

migisita

こちらが、海鮮丼セット
1200円になります。

ちょっとしゃれた黒色の器に
海鮮物がたっぷりのっているので
ご飯がみえません。

ちなみにとれとれ食堂の
ご飯は酢飯でした!

この海鮮丼が”アルクス”の中で、
「白身魚が乗った海鮮丼」で
歴代No1の味でした。

スポンサーリンク

他のとれとれ市場で食べた
海鮮丼よりもダントツで
美味しかったです。

特に「ひらめ」の味が
しっかりして美味しかったので、

また姫路に行くときは
絶対に食べに行こうと思います!

姫路とれとれ市場のメニュー

migisita

〇シラス丼 600円
〇干ガレイ丼 700円
〇天丼 880円
〇穴子丼 980円
〇鮪丼 1100円
〇海鮮丼 1200円

調味料

migisita

用意されている調味料は
何だか多いような気がしましたが
刺身醤油・醤油・ソース
味ぽん・アジシオが卓上に
並んでいました。

あなたは何派でしょうか?

私は迷わず
刺身醤油で食べました(゜-゜;)

姫路とれとれ市場のおすすめ

migisita

坊勢姫路とれとれ市場では、
港からくる新鮮な海産物の中で、

「坊勢ガニ」という坊勢ブランドの
カニがあります。

ガザミという種類のカニですが
坊勢ガニはこのガザミの中でも、

甲幅18㎝以上の大型のカニのことを
「坊勢ガニ」と呼びます。

晩秋から冬にかけての雌ガニの
内子が絶品!

ということで、姫路とれとれ市場では
こちらの「坊勢ガニ」が
一押しとなっています。

内子が入っているかは
当たりはずれがありますが、

通販でも瀬戸内産の天然ガザミ
見ることができますよ!

まとめ

migisita

姫路城観光などで
姫路に来ることがあれば、
是非食べにいってみてください!

駐車場も無料駐車場があるので、
駐車料金は気にしなくも大丈夫です。

お昼ご飯に「海鮮丼」を食べて
お金に余裕があればお土産に
「坊勢ガニ」を買っていくのも
良いですね!

スポンサーリンク

※関連記事※
和歌山観光
兵庫観光に出かけよう!
明石・姫路プラン

泉佐野のランチにとれとれ市場?おすすめの和食とは?

目安時間:約 5分
スポンサーリンク

とれとれ市場といえば和歌山の

「南紀白浜とれとれ市場」が有名ですが、

その「とれとれ市場」が

「イオンモールりんくう泉南店」に

出店していたのです!

自社ブランドの南紀白浜で育てた

「真鯛」を使う海鮮丼から
「大トロ」が入った海鮮丼まで

販売しているのです。

今回は泉佐野にある

「イオンモールのフードコート」

「とれとれ市場」の海鮮丼を

ご紹介していきたいと思います!

とれとれ市場(丼)

migisita

言わずと知れた

「イオンモール」ですが

フードコートの一店舗に

「とれとれ市場」が初出展しています。

海鮮丼を購入したら席に持っていき
食べるという形式は、

「南紀白浜とれとれ市場」と

同じような感覚ですね!

思いのほか海鮮の種類も豊富で

マグロ・ブリ・ホタテ
甘えび・アオリイカ
サーモン・真鯛
イクラ・しらす・煮アナゴ
有頭えび、そして大トロがあります。

とれとれ市場メニュー

〇和歌山県産釜揚げしらす丼 :700円
〇真鯛と釜揚げしらすの二色丼:800円
〇とれとれ真鯛の旨辛漬丼  :800円
〇真鯛とブリの味くらべ丼  :850円
〇ブリのスタミナ丼     :850円
〇生まぐろ丼        :880円
〇生サーモンイクラ丼    :880円
〇とれとれ海鮮丼      :980円
〇特上とれとれ海鮮丼    :1800円

人気の海鮮丼

やっぱり一番人気なのは
一度に色々な海鮮を食べれる

「海鮮丼」です。

生まぐろ・ブリ
ホタテ・甘えび
アオリイカ・サーモン
真鯛・いくら
と、たしかに種類も多いです。

ただやっぱり気になるのは、
こういったフードコートのような

チェーン店ではなかなか出てこない
大トロが入った海鮮丼です。

スポンサーリンク

値段はいきなり1800円とあがるので
こういった場所であえて食べる方は
少なそうですが、

とれとれ市場ブランドの
大トロなので美味しいのでしょうね!

営業時間

〇休業日 :年中無休
〇ランチ時間:10:00〜22:00
(ラストオーダー21:30)

サンセットテラス

migisita

2Fにあるフードコートですが、
窓側に「サンセットテラス」という
テラスがあります。

何となく設置されたテラス
かと思いきや、

日本の「夕日百選」に選定されている
綺麗な夕日を眺めながら

食事ができる人気スポットなのです!

イオンモールのマスコット

migisita

ところで「イオンモール」は
たくさんありますが、

この「イオンりんくう泉南店」には
謎のマスコットキャラクターが
いたのに驚きです・・

もしかしたら他のイオンにも
こういった「マスコットキャラ」が
いるのかもしれませんね!

ちなみに「りんくう泉南店のイオン」には
マスコットに「りんくん」という

関西弁を話すマリン帽をかぶった

「カモメのキャラクター」がいました。

りんくう泉南店についての
ブログを書いているマスコット
のようです(゜-゜;)

プロフィールまでついてたので、
一応ご紹介します!

〇りんくんプロフィール
★出身地…泉南市
★誕生日…11月1日
★性別…男の子
★性格…好奇心旺盛・マイペース

まとめ

migisita

南紀白浜のとれとれ市場が
泉南イオンのフードコートに

海鮮丼の店を初出店ということは
今後は他のイオンにも

出店してくるかもしれないですね!

「特上の海鮮丼」は少しハードルが
高い気がしますが、

普通の海鮮丼は値段的にも
のっている海鮮も期待できるので

「夕日百選」の夕日を見ながら

食べてみたいですね!

スポンサーリンク

南紀白浜のランチはとれとれ市場の海鮮丼できまり!

目安時間:約 6分

南紀白浜のとれとれ市場といえば
和歌山へ旅行するなら必ず立ち寄って、

海産物を食べたり、
お土産を買ったりする場所で有名です。

夏場は海で遊ぶ際に立ち寄り、

冬場は白浜周辺に広がる温泉宿とセットで、

旬な海産物を食べるのにも最適ですね!

今回はそんな「とれとれ市場南紀白浜」で
どんな海鮮丼が食べれるのかを
ご紹介いたします!

スポンサーリンク

南紀白浜のとれとれ市場のランチ

とれとれ市場でランチとえいば
やっぱり人気の海鮮丼です。

海鮮丼が販売されている場所は
とれとれ市場を正面からみて、

左奥のほうにまとまっています。

とれとれ市場横丁

その販売コーナーが集まる場所が

「とれとれ市場横丁」

と呼ばれている場所ですね!

そのなかでも海鮮丼が食べられるコーナーは
一番左側の「丼・麺コーナー」になります。

他にも海産物をその場でさばいて
トレイに盛り付けてる、

海鮮バイキングのようなコーナーや
お寿司を握っているコーナーなど、

色々な海産物を食べることができるので
ぐるっと一通り見てみてくださいね!

丼・麺コーナー

migisita

とれたての魚たちを調理しているので
海産物は品切れになると終了です。

遅い時間に行くと、お目当ての海鮮丼が
食べれないこともあるので、

「この海鮮丼が食べたい!」という

希望がある場合は早めに行くことを
お勧めします!

営業時間

〇休業日 :(水・木)不定期で休業 公式参照
〇営業時間
 平日 :10:00〜17:30
 土日祝:10:00〜17:45

混雑状況により、延長する場合も有。

海鮮丼のメニューと値段

migisita

〇しらす丼 :500円
〇ネギトロ丼:700円
〇堅田丼  :700円
〇ルイベイクラ丼 :800円
〇サーモンイクラ丼:800円
〇かに丼:870円
〇鉄火丼:960円
〇うに丼:960円
〇天丼 :960円
〇いくら丼:1,030円
〇うなぎ丼:1,030円
〇海鮮丼 :1,500円

海辺で海鮮丼を販売しているところは
大体1,500円ぐらいの丼ぶりが多いですが

「とれとれ市場南紀白浜」は

わりとリーズナブルな値段です。

この他にも海鮮丼とは関係ないですが、

海鮮ラーメン・海鮮うどん・海鮮そば

といった海鮮が入った麺類や

「とれとれラーメン」という

とれとれ市場限定ラーメンなども販売しています。

周辺のおすすめコーナー

「お造り・惣菜コーナー」

「丼・麺コーナー」の右隣に
さばいた魚をお皿に盛りつけて

バイキング形式で出している
「お造り・惣菜コーナー」があります。

その時々で変わるお造りが各種300円~
販売されているのと、

時価販売の「タイ姿造り」や「ひらめ」の
姿造りがあります。

中でもおすすめはマグロの「大トロ造り」が
1000円で販売されていることがあるので、

見かけたときは是非食べてみてください!

ごはん・みそしるは100円で
惣菜は100~となっています。

寿司コーナー

migisita

「お造り・惣菜コーナー」の右隣は
職人が握る新鮮な魚介類を使用した

「お寿司コーナー」になっています。

寿司のネタによって料金は違いますが
1皿2カンで300~800円となっています。

海鮮丼やお造りに比べると割高ですね!

海鮮ちらし「1,500円」や
特上盛り合わせ10カン「2,000円」
などもあるので、

単品で1皿ずつ食べるより、

海鮮ちらしや盛り合わせで
食べるほうがお勧めです!

「海鮮焼コーナー」

最後に「お寿司コーナー」の右隣りにある

「海鮮焼コーナー」です。

こちらは、人気の問題なのか
土日祝のみ営業のコーナーになっています。

いか・えび・ほたて・かに・さざえといった
定番の海鮮焼きを販売しています。

冬季限定で「おでん」も販売していますが
やっぱり、新鮮なネタがあつまる

「とれとれ市場」

なので、お勧めは生の海鮮ですね!

スポンサーリンク

まとめ

migisita

新鮮な海産物があつまる
とれとれ市場南紀白浜は
休業日が不定期なので、

うっかり休みの日に行かないようにだけ
気を付けてくださいね!

海鮮丼にお造り、お寿司に海鮮焼きと
何でもそろっていますが、遅い時間に来ると
品薄で食べたかったものが食べれない!

ということもあるので、とれとれ市場を
観光の予定に加えるときは、早めの時間に
するのがお勧めですよ!

白浜の温泉街やアドベンチャーワールドなど
観光スポットが多い地域なだけに
とれとれ市場に集まる人も多いです。

メジャーなスポットなので間違いはないですが、
たまの休みに観光に来たのだから
もっとのんびりした場所で海鮮物を食べたい!

という方のために、次回は「静かな海鮮丼屋」や
「夜でも食べれる海鮮丼屋」なども
ご紹介させていただきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お出かけ前に駐車場予約!
駐車場予約
人気記事
カテゴリー
アルクス
アルクス

はじめまして!
「おでかけ、あるく子」こと
アルクスと申します!

土日は毎週何してますか?
当サイトでは日帰りや1泊2日で行く
「国内旅行」先や、
実際に行ってみた旅行先のプランを
ご紹介しています!

快適な旅行で限られた時間を
楽しくすごしましょう!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

ページの先頭へ