カップルにおすすめの白浜温泉は?絶景が見れるサンリゾートとは?

目安時間:約 6分
スポンサーリンク

最近は客室露天風呂付きのホテルも
比較的安価で宿泊することができますね!

昔はもっと高かったように思いますが
今では一人1万円程だせば、

一泊二食と客室露天風呂付きで
泊まれるホテルもあるため、

カップルに人気があります。

そんな中から今回は和歌山県の白浜にある

「サンリゾート白浜」という

温泉付きのホテルに宿泊してきたので、
ご紹介していきたいと思います!

サンリゾート白浜

和歌山県の白浜にある「とれとれ市場」から
比較的近い宿泊施設の

「サンリゾート白浜」

とれとれ市場の他にも周辺に

「アドベンチャーワールド」
「白良浜」
「三段壁」
「円月島」

など、色々な観光スポットがあるので、
宿泊後のアクセスも良い場所にあります。

そこで気になるのがサービス内容ですね!

それでは順番に見ていきましょう~

施設サービス

migisita

サンリゾート白浜は温泉旅館というより
ビジネスホテルに近い宿泊施設なので、

フロントで受付を行い部屋の鍵をもらうと
自分で部屋まで行くような形式です。

館内サービスで気になったものは

「酸素ルーム」「岩盤浴」と

夏は利用可能であろう

「プール」でした。

館内に飲食店などの施設はなく
一番のメインは源泉かけ流し100%の
温泉ですね!

シンプルイズベストです。

そんなわけで温泉設備について
お伝えしていきたいと思います。

客室露天風呂

migisita

客室露天風呂といえば
一般的に部屋に露天風呂が
ついている宿泊施設のことですね!

大体多いパターンで言いますと

スーパー銭湯にある「壺湯」みたいな
陶器のバスタブが、

ベランダに置かれているような
イメージになります。

温泉はセルフでいれて入るので、
お湯は流しっぱなしになっていません。

スポンサーリンク

このホテルも例外ではなく
ベランダに壺湯のようなバスタブが
置かれていました。

写真で見るとなんだかよくないものが
出てきそうな井戸のようですが、

スーパー銭湯の壺湯と変わらない
陶器浴槽なので大丈夫です(゜-゜;)

照明もつくので、夜でもちゃんと
入ることができますよ!

気兼ねなくカップルで入ることが
できますが「露天風呂」なので、

騒がしくすると外まで声が
まるぎこえになります(゜-゜)

ちなみに客室露天風呂の温泉は

「椿温泉」となっていて

館内の温泉とは別のお湯でした!

一点だけ気になったのは
寒い時期だったので虫とかおらず
快適に客室露天風呂に入れましたが、

夏場になるとベランダなので
やっぱり虫が入ってきそうな
気がしました(゚△゚;)

館内の露天風呂

出典:サンリゾート白浜公式ページより引用

美肌効果の高い「美肌の湯」としても
知られる、日本屈指の古湯

「白浜温泉」

館内施設の露天風呂ではこちらの
白浜温泉が使われています。

館内風呂はもちろん男女別で、

片方のお風呂は陸側
もう一つは海側になります。

陸側の露天風呂は
庭にある露天風呂といった
イメージのお風呂ですが、

海側の露天風呂は写真のような
絶景を見ることができます!

朝晩でお風呂が入れ替わるので
両方とも入れますが、

絶景の露天風呂は夜になると
真っ暗で何も見えないので、

チェックインの日は夕方の
明るいうちに入浴するのが
おすすめですよ!

翌日の早朝は、日が昇るころに
入るとまさに絶景なので、

寝過ごさないように注意ですね!

会席料理

migisita

今回の夕食プランは平日限定
格安の「湯の花会席」です。

季節によって内容は異なりますが、
メインの料理は豚しゃぶとお刺身ですね!

食前酒の「紀州南高香梅酒」を飲んでから
晩御飯の始まりです!(゜o゜)

料理はあらかじめテーブルに
準備されていますので、

順番に持ってくる形式ではないです。

朝食

migisita

朝食もシンプルイズベストで、
メインは太刀魚の干物ですね!

バイキング形式も良いのですが、
朝はたくさん食べないので
これぐらいがちょうどよかったです。

一杯食べれる方は
ご飯のおかわりができますよ!

まとめ

migisita

周辺観光地のアクセスも良く
ビジネスホテル感覚で気楽に
宿泊できるので、

また機会があれば行って見たいと
思えるホテルでした!

白浜の観光地にしては
安いプランがあり、

しかもカップルで入浴できる
客室露天風呂付きなので

格安ホテルで旅行する際は
おすすめのホテルですね!

ちなみにペット同伴用の
部屋もあったので、

家族のペットを連れて
宿泊もできるようですよ!

この週末に白浜周辺を
観光してみては如何でしょうか?

スポンサーリンク

和歌山の白浜でランチのおすすめと言えば?人気の海鮮ランチとは?

目安時間:約 6分
スポンサーリンク

白浜ランチおすすめといえば
やっぱり、

「南紀白浜のとれとれ市場」ですね!

とれたての海鮮物を販売している

「活魚コーナー」や「鮮魚コーナー」から、

とれたての海鮮物を使って
海鮮丼や刺身、寿司を提供している

「とれとれ市場横丁」など

海鮮物を買ったり食べたりできる店が
たくさんそろっている場所です。

今回は南紀白浜のとれとれ市場で
どんな海鮮ランチがおすすめなのか

見ていきたいと思います!

とれとれ市場のおすすめランチ施設

出典:南紀白浜とれとれ市場公式ページより引用

とれとれ市場では大きく分けて

「物販店舗」と「お食事処」の施設に

わかれています。

物販店舗でおすすめのランチ

migisita

「みかん屋」 とれとれ市場「味処」
磯揚げ天ぷら「まる天」 pizza「サンマルコ」
とれとれソフトクリーム わらび屋

物販店舗の外では、海鮮ランチというより
ファーストフード店が集まった場所ですね!

パラソルや簡易テーブルなどが
設置されているので、

外で一休みすることもできます。

店内では

鮮魚コーナー 活魚コーナー
まぐろコーナー 塩干コーナー
北海道コーナー 活魚イケス

といった、魚市場の区画と

お土産コーナー 地酒コーナー
産地直送ふるさと村 ダイコクドラッグ

などの、お土産コーナーにわかれています。

産地直送のふるさと村コーナーでは
海鮮ではなく、地元農家でとれた

野菜・果物・お米などを
販売しているのですが、

ここで出来立ての「白米」が
販売されているので、

鮮魚コーナーで刺身を購入して、
ふるさと村でご飯を買って食べる
という事もできちゃいます!

おすすめのお食事処

スポンサーリンク
とれとれ横丁 とれとれカフェ
木と水と土と 踊りだこ

「とれとれ横丁」はおなじみですが、

「海鮮丼」「麺類」「お造り惣菜」
「寿司」「海鮮焼」

といった海鮮物を調理して提供する
とれとれ市場の台所ですね!

お造りも、今切った刺身を次々に
お皿に盛っていき、

お客は好きなお皿を取って精算する

「カフェテリア方式」になっているので、

人気のある魚はお昼をすぎると
どんどん無くなっていきます。

この「お造りコーナー」と
「海鮮丼コーナー」は

とれとれ横丁で鉄板の
おすすめランチですね!

8割ぐらいの方は鉄板の
おすすめランチを食べて
お昼を済ませてしまうので、

今回はあえて「とれとれ横丁」ではなく

「鮮魚コーナー」で海鮮物を購入して

ランチにしようと思います!

鮮魚コーナーの海鮮ランチ

migisita

とれとれ市場の鮮魚コーナーでは
季節によって異なりますが、

「活かに」「鮮魚」「お造り」
「あまえび」「とれとれ寿司」「佃煮」

といった海鮮物が並んでいます。

こちらの「お造りコーナー」と
「とれとれ寿司コーナー」では

すぐに食べれるように「お造り」や
「お寿司」が並べられているので、

今回はとれとれ寿司コーナーから
お寿司を選んでランチにします!

また予算に応じて、お造りの「船盛」や
寿司の盛り合わせを注文することも
できるので、好みの盛り合わせで
頼んでみるのも良いですよ!

とれとれ寿司

migisita

こちらが鮮魚コーナーに並んでいた

「とれとれ寿司」です。

大トロも入っているからか
一つ1500円もしました。

味はというと、

普通~・・・ (゜-゜;)

1500円が値段相応かと言われると
少し疑問に思ってしまいますが、

「くら寿司」や「スシロー」が

安くて美味しいだけで、

この値段が普通なのかもしれませんね!
(そう思うことにしました)

とりあえず初めて

「とれとれ市場」に行った際は、

「とれとれ横丁」でランチを食べるのが

おすすめですね!(゜o゜)

まとめ

migisita

白浜のとれとれ市場も色々なコーナーで
海鮮物が売られていますが、

やっぱり鉄板のおすすめランチは

「とれとれ横丁」で海鮮丼やお造りを

食べるのが間違いないですね!

このほかにも、活魚コーナー周辺で

「踊り食い」ができる場所もあるので、

慣れてきたら色々試してみるのも
楽しめる場所ですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お出かけ前に駐車場予約!
駐車場予約
人気記事
カテゴリー
アルクス
アルクス

はじめまして!
「おでかけ、あるく子」こと
アルクスと申します!

土日は毎週何してますか?
当サイトでは日帰りや1泊2日で行く
「国内旅行」先や、
実際に行ってみた旅行先のプランを
ご紹介しています!

快適な旅行で限られた時間を
楽しくすごしましょう!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

ページの先頭へ