実際に行った旅行で「見て・遊んで・食べた」観光情報をお届け!

犬を飼うなら保健所がおすすめ?大阪のパートナードッグタウンとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

大阪市の鶴見緑地公園に出かけたときに

「パートナードッグタウン」

という場所を見つけたので、

今回はこの場所で何が出来るのか?
保健所と何が違うのか?

という内容をご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

犬を飼うなら保健所がおすすめ?

以前より犬の飼育放棄や迷子の問題は
色々なメディアでも見かけますが、

毎年、何万もの犬が保健所で
処分されているのはご存知でしょうか?

こういった出来事を無くすため
民間事業者が色々な方法で犬や猫を
保護しています。

その1つがこちらの

「パートナードッグタウン」

と言うわけですね!

保健所と大きく違うところは
最終的に処分するのではなく、

保護犬をきちんと育てられる方へ
譲渡することで、

処分数を無くすことが目的
というところになります。

保健所も同じように飼い主探しや
保護犬の譲渡活動を行っていますが、

犬を飼うなら保健所以外にも選択肢が
あるということですね!

保護犬の譲渡条件

保護犬の譲渡条件は保健所や
保護団体によって大きく違ってきます。

子供がいると駄目だとか
単身者だと駄目といった、

厳しい条件の保護団体もいれば
身元がしっかりしていて、

問題なく飼えそうと判断されれば
特に難しい条件も無いこともあります。

実際に保健所で猫を1匹
譲渡してもらったこともありますが、

一般的な住所や身分証の提出だけで
特に難しい条件もありませんでした。

このように譲渡する保健所や団体で
条件は大分違ってくるので、

最終的には問い合わせてみたり
その場所に行ってみたりして、

自分の条件に合うか見極めることが
必要になってきますよ!

ちなみにこちらのドッグタウンでは
譲渡する際に面接があり、

迷子防止のマイクロチップや
避妊手術の代金として、

1万5000円ほどの実費が必要になるようです。

保護犬の譲渡会

zyunbityu

保護犬の譲渡会は基本的に土日祝の
12時~16時に行われています。

譲渡者は色々な保護団体から個人まで
予約を行うことで開催できるため、

日によって譲渡予定のワンちゃんも
代わることになります。

この犬種を飼おうと思っている!
といった希望がすでにあれば、

パートナードッグタウンでは
定期的に譲渡会が開催されているので、

ペットショップへ行く前に
一度立ち寄ってみるのもおすすめですね!

鶴見緑地公園のパートナードッグタウン

鶴見緑地公園の南側にある
ワンちゃんの譲渡施設&ドッグランを
運営している場所が、

「パートナードッグタウン」です。

保護犬の里親探しだけでなく
ワンちゃんの保護活動をしている団体や、

個人の方にも無償で会場を無料提供して
譲渡会を開催したりしています。

また、会員制のドッグランも
設置されているので、

飼っているワンちゃんの遊び場としても
利用できる場所というわけですね!

そしてこちらのドッグタウンの運営費は
市の補助金や助成金を受けておらず、

寄付金や賛同者によって成り立っているため

興味がある方は一度公式ページも
確認してみて下さいね!

一般社団法人パートナードッグタウン協会

鶴見緑地公園ドッグランの利用

zyunbityu

こちらのドッグランを利用するにあたり
最初に会員登録が必要となっています。
(会員証発行300円)

また1年以内の「狂犬病予防接種証明書」と
「混合ワクチン接種証明書」を提出して
安全確認も行います。

そして最後に募金をすることで
ドッグランを利用するという流れです。

入場料や利用料はかかりませんが
募金は毎回必要なので、

基本的には保護活動の賛同者が
利用する場所というわけですね!

スポンサーリンク

犬を飼うなら保健所がおすすめ?のまとめ

お金さえあればペットショップでも
簡単に購入できてしまうワンちゃんですが、

もし犬を飼おうと思ったのであれば
こういった場所で救える命があることを
知っておくのも良いですよ!

また、ドッグランで他の犬と交流を
もつこともできるので、

すでに犬を飼っている方にも
おすすめの場所ですね!

鶴見緑地公園観光WEBガイドへ戻る

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 国内旅行を格安予約!お出かけ?あるく子! , 2019 All Rights Reserved.